本多孝好 ハードボイルド小説で60年代から現代の日本を描く

文芸・カルチャー

2012/4/23

『ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1』は、実力派作家・本多孝好が新境地を見せる作品だ。 超人的な力を持つ昴たちに、政治家・渡瀬が依頼したのは家出娘・悠里の保護。政界を揺るがしかねない重要情報を持って逃げたという悠里を捜索し始めた昴たちだったが、別の勢力も彼女を追っていることに気付くというストーリー。超常的な力を持... 続きを読む