「今日の哀ちゃん頼もしいぞ!」 灰原率いる少年探偵団が行方不明のクラスメイトを捜索【アニメ『名探偵コナン』941話】

マンガ・アニメ

2019/6/7

img01
『名探偵コナン』96巻(青山剛昌/小学館)

 2019年6月1日(土)に、アニメ「名探偵コナン」の941話が放送された。少年探偵団がクラスメイトを探すために宝探しの謎解きに挑み、「みんな一生懸命で可愛い」「哀ちゃんまで楽しそう」と話題になっている。

 今回のエピソードは、「紅の修学旅行編」の直後のエピソード。コナンは蘭をごまかして帰宅したあと、お土産を持って阿笠博士を訪ねていた。一方灰原はネットで京都の事件が話題になっていることを危惧し、電話越しにコナンを激怒。新一がニュース映像に写り込んでいたことも告げ、「何か対策考えるから…」と電話を切る。

 そんな灰原に声を掛けてきたのは、担任の先生。先生はクラスメイトの東尾マリアが欠席しているうえ、両親とも連絡がつかないと心配していた。灰原は歩美、光彦、元太を連れ、4人でマリアの家へ行くことに。しかしマリアの家は鍵が締まっていて、代わりに同じ「東尾」と表札のある向かいの家の玄関が開いている。

 玄関の中にあったのは、マリアの靴とランドセル、そして「スタート! マリアちゃん頑張って!」と書かれた張り紙。どうやらここはマリアのおばあちゃんの家で、マリアはここに宝物が隠されているという話を信じて登校前に探しに来たらしい。張り紙に書かれた矢印通り進むと、寝室の鏡台前に大きな矢印と新たな張り紙が。灰原は張り紙のヒントをもとに矢印の謎を解き、本棚のある部屋に向かう。

 本棚にも謎のメモが残されているのを見て、マリアも同じように謎を解きながら進んでいったはずだと推理する灰原。しかし進んでいるうちに家のどこかから出られなくなり、朝から夕方まで6時間以上閉じ込められている可能性が高いと焦りを見せた。

 灰原が少年探偵団を引っ張っていく姿を見て、灰原のファンからは「今日の哀ちゃん頼もしいぞ!」「意外とリーダーの素質もあるんだね」「謎が解けるたび嬉しそうな哀ちゃんが可愛い」と歓喜の声が。一方で「これもうコナンのことは忘れてるな」「超重要案件そっちのけだけど大丈夫!?」とツッコミの声も上がっている。

 謎解きを進めていくうちに、地下室を発見した少年探偵団。果たしてマリアは無事なのか、次週も見逃せない。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/