元おデブ女子のラブコメディ『どすこい! すけひら』が映画化決定! 主演・知英のおデブ姿が「誰だか全然わからなかった」と話題

エンタメ

2019/6/7

img01
『どすこい! すけひら』1巻(原案:清智英、漫画:たむら純子/講談社)

 清智英とたむら純子による漫画『どすこい! すけひら』が実写映画化されることが明らかに。主演の知英が“おデブ”に変身したビジュアルも公開され、「特殊メイクすごすぎ!」「どんな映画かめちゃくちゃ気になる」と注目を集めている。

 物語の主人公となるのは、エステティシャンの綾音。綾音はかなりのおデブだった過去もあり、恋愛に無関心な生活を送っていた。そんな綾音の前に現れたのは、スーパーアイドルの拓巳。店のVIPでもある拓巳は、綾音を気に入り食事に誘ってくる。あまりのしつこさに負け、誘いに乗ることにした綾音。ところがその日を境に綾音の運命は大きく変わってしまう――。

 漫画の原作を担当する清は、『レオン』『リベンジgirl』などでも原作を手がけてきた作家。『どすこい! すけひら』では、『私と上司の内緒の事情』『隣の部屋のオオカミくん』のたむらとタッグを組んでいる。同作で描かれているのは、「人は見かけが全てじゃない」をテーマにした三角関係ラブコメディ。WEB雑誌『Hot-Dog PRESS』で連載され、「綾音の一生懸命な姿に共感できる」「おデブな綾音もスリムな綾音も可愛い」「面白くて何度も読み返した」と好評の声が上がっていた。

 映画化にあたって開設された公式ツイッターでは、知英が演じる太っていたころの綾音のビジュアルを公開。特殊メイクとファットスーツで変身した知英は、大きなセーラー服を着てマフラーを巻いている。別人のようにまるまる太った知英の姿には、「誰だか全然わからなかった」「これが知英だなんて信じられない」「女優魂を感じる」と驚きの声が相次いだ。

 知英は「とても細かな作りで特殊メイクに3時間以上かかりました」と撮影の裏側についてコメント。映画を見る人へ向けて、「笑いあり涙ありのラブコメディでもあり、人生のエールのような映画になってます」とメッセージも寄せている。

 映画の公開は、2019年11月ごろ。共演者などの続報を心待ちにしていよう。

■映画「どすこい! すけひら」
原作:清智英、たむら純子
監督:宮脇亮
主演:知英
公式ツイッター:https://twitter.com/dosukoimovie