“平成生まれが1番買った本”に決定!『トラペジウム』ヒット記念で高山一実トークイベントが開催!

エンタメ

2019/6/7

 5月31日(金)、2019年上半期ベストセラーランキング(日販調べ)が発表されました。

 その結果、昨年11月に刊行された乃木坂46・高山一実さんの長編小説デビュー作『トラペジウム』が、文芸書部門で第3位を獲得。さらに平成生まれ世代(~30歳)に「最も購入された本」であることが明らかに!

 これを記念して6月19日(水)、高山一実さんによるトークイベントが「文喫 六本木」で開催されることになりました。

 イベントへの参加は抽選制で、応募時に『トラペジウム』の感想文を書くことが必須となっています。また、同作にまつわる質問も募集。会場で高山さんが答えてくださいます!

 応募は6月11日(火)23:59まで。まだ『トラペジウム』を読んでいない方は、この機に書店へ急ぎましょう!

【平成世代が買った本】
1位:高山一実『トラペジウム』(KADOKAWA)
2位:前田裕二『メモの魔力』(幻冬舎)
3位:『生田絵梨花写真集 インターミッション』(講談社/撮影:中村和孝)
4位:TEX加藤『TOEIC L&R TEST出る単特急金のフレーズ』(朝日新聞出版)
5位:清水建二、すずきひろし『英単語の語源図鑑』(かんき出版)

【2019年上半期文芸書ベストセラー】
1位:瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)
2位:内館牧子『すぐ死ぬんだから』(講談社)
3位:高山一実『トラペジウム』(KADOKAWA)
4位:真藤順丈『宝島』(講談社)
5位:伏瀬『転生したらスライムだった件 14』(マイクロマガジン社)

◆イベント詳細
応募期間:6月7日(金)18:00~6月11日(火)23:59まで

・日時 2019年6月19日(水)11時~12時予定 ※10時30分開場予定
・会場 文喫 六本木
・定員 50名(抽選制)
・料金 無料
※イベント自体の料金は無料ですが、会場入場時に文喫入場料1500円(税別)が必要となります

応募専用フォームはこちら