アニメ「虚構推理」最新PVの鬼頭明里&宮野真守に歓喜の声続出!「イメージぴったりな演技に鳥肌立った」

マンガ・アニメ

2019/6/16


 城平京の小説を原作としたアニメ「虚構推理」のキービジュアルとPVが公開された。PVではキャラクターボイスも解禁となっており、「琴子と九郎先輩が喋ってる!」「コミカライズ版とほぼ変わらない作画に感動した」と歓喜の声が上がっている。

 原作小説は、怪異たちの“知恵の神”になった少女・岩永琴子と不死の体を持つ青年・桜川九郎の物語。『少年マガジンR』では片瀬茶柴によるコミカライズ版も連載中だ。今回公開されたキービジュアルには、凛々しい表情の琴子と九郎、そして顔の見えない女性の姿が。背景は都会の夜景になっており、雨が降っているような光の線も確認できる。

 PVに映し出されているのは、2人が出会った頃の場面やおどろおどろしい妖怪達に立ち向かっているシーン。琴子役・鬼頭明里、九郎役・宮野真守のセリフも登場し、「九郎が宮野さんなの超嬉しい」「琴子ちゃんのイメージぴったりな演技に鳥肌立った」「信頼できる声優さんで安心!」とファンから歓喜の声が相次いだ。

 アニメのOPテーマを担当するのは、5人組バンド・嘘とカメレオンに決定。同バンドは2018年9月にメジャーデビューしたばかりだが、これまでにアニメ「SNSポリス」のOPやドラマ「極道めし」などの主題歌も手がけて注目されている。

 2019年7月には、アメリカ・ロサンゼルスで開催されるアニメイベント「AnimeExpo2019」内でワールドプレミアの開催が決定。イベントには宮野も登壇するようで、「さっそく世界規模でイベントなんてびっくり」「ワールドプレミアってなんかすごい! 行ける人がうらやましい!」と話題だ。

 6月21日(金)には、原作小説の第3巻『虚構推理 スリーピング・マーダー』が発売。妖狐と取引したという老人が起こした事件を巡り、琴子の推理が繰り広げられる。コミカライズ版の方は、現在10巻まで発売中。アニメのスタートまでに小説と漫画を予習しておこう。

■アニメ「虚構推理」
原作:城平京
監督:後藤圭二
出演:鬼頭明里、宮野真守 ほか
公式サイト:https://kyokousuiri.jp/

img01
『虚構推理 スリーピング・マーダー』(著:城平京、絵:片瀬茶柴/講談社)