「セクシーすぎて直視できない」『週刊少年サンデー』30号、表紙&巻頭グラビアの欅坂46・渡邉理佐にファン大興奮

エンタメ

2019/6/27

img01
『週刊少年サンデー』30号(小学館)

 2019年6月26日(水)発売の『週刊少年サンデー』30号では、表紙&巻頭グラビアに欅坂46の渡邉理佐が登場。「どれだけアップで見ても美少女」「美脚がまぶしすぎる…!」とファンから歓喜の声が続出した。

 今回のグラビアは、雨の日の鎌倉デートがテーマ。デート当日の朝の場面からはじまり、駅のホームやカフェで過ごす時間が切り取られている。室内で撮影されたショットでは、黄色いストライプシャツにショートパンツという部屋着姿。背伸びして窓をのぞき込むポーズで、長い足をお披露目した。

 外に出た渡邉はボーダーのワンピースを着て、手には白と青のおしゃれな雨傘。駅のホームで電車を待ちながら、2人きりの時間を過ごすというシチュエーションになっている。柱の陰から覗いたり、ベンチに座って上目遣いでこちらを見つめる渡邉。読者からは「紛れもない天使」「上目遣いは反則でしょ!」「この笑顔で雨なんか晴れるに違いない」と絶賛の声が相次いだ。

 雨宿りで入ったお店は、鎌倉のレトロな喫茶店「ミルクホール」。店内の雰囲気も相まって、渡邉の大人びた表情が堪能できる。ラストのページで着ているのは、赤いノースリーブのワンピース。丈は太ももギリギリのラインで、今回の衣装で1番の露出度だ。これにはファンも「セクシーすぎて直視できない」「細すぎず太すぎない手足が好き」「いつの間にこんなエロい表情できるようになったんだ」と大興奮している。

 グラビアに加えて、同号には特別ふろくのWポストカードも登場。浴衣姿でアジサイと映っている写真が使用されており、今の季節にピッタリなポストカードだ。さらに欅坂46と日向坂46の公式アプリ「欅のキセキ」では、今回のグラビアとコラボしたガチャ企画がスタート。7月2日(火)までの期間限定で、同号未掲載の写真がゲットできる。

 野外ワンマンライブ「欅共和国2019」や全国アリーナツアーなど、夏に向けてイベントが目白押しの欅坂46。渡邉の活躍から今後も目が離せない。