「ブックパス」2019年上半期ベストセラーランキングを発表! 実写化作品がそろい踏み!

文芸・カルチャー

2019/7/25

 電子書籍ストア「ブックパス」が2019年の上半期ベストセラーランキングを公開。サイト内では9つのジャンルごとに順位が発表されている。今回は気になるランキングの中から「小説・エッセイ」「女性コミック」「男性コミック」のトップ3をご紹介しよう。

■幅広い作品が揃った「小説・エッセイ」トップ3

『一切なりゆき 樹木希林のことば』(樹木希林/文藝春秋)

 1位に輝いたのは、2018年にこの世を去った名女優・樹木希林の言葉を収めた『一切なりゆき 樹木希林のことば』。生と死から演技、男と女まで様々な事柄を通して“樹木流”生き方のエッセンスを堪能できる。

『幼女戦記 11 Alea iacta est』(著:カルロ・ゼン、画:篠月しのぶ/KADOKAWA)

 人気ファンタジー小説『幼女戦記』が2位にランクイン。主人公は異世界で幼女に生まれ変わった日本のエリートサラリーマン。自らの出世のために、帝国軍魔導士として活躍する様子が描かれていく。

『BURN 上 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』(内藤了/KADOKAWA)

 3位に選ばれた『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』は、新人刑事・藤堂比奈子の活躍を描いたミステリー小説。2016年には連続ドラマ化もされている人気シリーズの完結編だ。

「小説・エッセイ」ランキングはこちら

■ドラマ化作品が目白押し!「女性コミック」トップ3

『コーヒー&バニラ』12巻(朱神宝/小学館)

 1位を獲得したのは、イケメン社長と“大学デビュー”を果たした恋愛初心者との極甘ラブストーリー『コーヒー&バニラ』。2018年度のLINEマンガ年間売上げランキングでも1位を獲得した話題作で、7月から実写ドラマの放送も始まっている。

『Perfect Crime』12巻(原作:梨里緒、漫画:月島綾/双葉社)

 続いて2位となったのは、スリリングなオトナのラブストーリーを描いた『Perfect Crime』。住宅メーカーに勤めるインテリアプランナーの前島香織が、7年にわたって秘密にしてきた社内不倫の現場を目撃されたことから物語が動き出す―。

『初めて恋をした日に読む話』8巻(持田あき/集英社)

 2019年1月から深田恭子主演で実写ドラマ化された『初めて恋をした日に読む話』が、3位にランクイン。“アラサー鈍感女子”がふとしたきっかけで不良高校生と出会ったことで、その人生に転機が訪れる。

「女性コミック」ランキングはこちら

■冒険心をくすぐられること間違いなし!?「男性コミック」トップ3

『キングダム』54巻(原泰久/集英社)

 1位は累計2,200万部を突破した人気マンガ『キングダム』。春秋戦国時代の中国大陸を舞台に、秦国に生まれた少年・信が戦乱の世を生き抜いていく。4月から実写映画も公開し、ますます注目が集まっているようだ。

『盾の勇者の成り上がり』13巻(原作:アネコユサギ、漫画:藍屋球、キャラクター原案:弥南せいら/KADOKAWA)

 2位に輝いた『盾の勇者の成り上がり』は、“すべてを失った男”の成り上がりファンタジー。異世界に転生して「盾の勇者」となった主人公が、仲間の裏切りという絶望的な状況から這い上がっていく。

『転生したらスライムだった件』12巻(原作:伏瀬、漫画:川上泰樹、キャラクター原案:みっつばー/講談社)

 3位はウェブ初の大人気小説をコミカライズした『転生したらスライムだった件』。スライムの姿で異世界へと転生を遂げた主人公が「種族問わず楽しく暮らせる国作り」を目指すという大冒険の物語だ。

「男性コミック」ランキングはこちら

 「ブックパス」サイト内では、他にも「趣味・実用」「雑誌」「BL」といった6ジャンルのランキングも公開中。ランキング入りした作品をサイト内で買うと、購入金額から30%分のコインが還元されるキャンペーンも行われている。今話題の作品に触れる絶好のチャンスなので、ぜひチェックしてみてほしい。

■「ブックパス」2019年上半期ベストセラーランキング特設ページ
https://bookpass.auone.jp/info/ranking2019first/?aid=lbs_003_ddnavi_kamihanki_20190725/
※コイン還元キャンペーンは7月31日(水)23時59分まで。掲載内容は変更になる場合があります。