1日たった5分でウエストがマイナス3cm!? 体の歪みもリセットできる驚異の『スゴレッチ』とは?

健康・美容

2019/8/7

『スゴレッチ』(萩原健史/ダイヤモンド社)

 薄着になる夏は体のラインが気になる季節。体にコンプレックスはあるけれど、運動はちょっと面倒で結局体型をカバーできる服ばかり着ている、という人も多いのではないだろうか。

 そんな人にぜひ試してほしいのが、1日たった5分のストレッチで笑っちゃうほどおなかがペッタンコになると話題の『スゴレッチ』(萩原健史/ダイヤモンド社)。本書には1回実践するだけでウエストマイナス3cmも夢じゃないという、驚きのストレッチ方法が紹介されている。

 この謳い文句だけ聞くとややインチキ臭い感じがしなくもないが、ちゃんと理にかなっているからスゴイ。著者はプロスポーツ選手などから “ゴッドハンド”と呼ばれる整骨院院長・萩原健史氏。これまで5万人以上を治療した経験から、構造医学・機能解剖学に基づいたメゾットを独自に開発し、アスリートのコンディショニングや女性の体型変化、腰痛・肩こりの解消まで、多くの人の体の悩みを解消。多方面から絶賛の声が上がる凄腕の持ち主だ。

 スゴレッチはそんなゴッドハンドの技を、5つのストレッチに凝縮したもの。例えば「東京タワーストレッチ」は足を前後に開いて深く腰を落とし、組んだ両手を天井に向かって垂直に伸ばして体全体を傾けて30秒キープ。これを左右1回ずつ行えば、腰痛や猫背、骨盤のゆがみに効果的だという。またしこを踏むような体勢で30秒キープする「相撲ストレッチ」はくびれや美脚、バストアップに効果大。

『スゴレッチ』(萩原健史/ダイヤモンド社)

『スゴレッチ』(萩原健史/ダイヤモンド社)

 このように1つ1つのストレッチはどれも簡単で、5つトータルで行ってもかかる時間は5分以下。1回行うだけでも体の歪みが整い、ぽっこりおなかも見た目に分かるほどすっきりするという。

 このスゴレッチ1回で、整体治療1回分の効果が得られるのだとか。3週間ほど続ければ、ほとんどの人が見た目の変化とともに体調の改善を実感できるという。

 現代人に多い自律神経の乱れや疲労の蓄積といった体調不良も、体のバランスの崩れが原因で起こっていることが多い。最近疲れやすくなったな…という人もスゴレッチを実践してみると、体を変えることができるかもしれない。

文=齋藤久美子