「本当に最後だと思うと感慨深い」『銀魂』最終77巻&公式ファンブック『広侍苑』に感動の声続出!

マンガ・アニメ

2019/8/6

img01
『銀魂』77巻(空知英秋/集英社)

 2019年8月2日(金)に、『銀魂』の最終77巻と公式ファンブック『広侍苑』が発売。「これで本当に最後だと思うと感慨深い」「ファンブックも読み応えあってなんだか泣けてきた」と感動の声が相次いでいる。

 同作は、空知英秋が15年にわたって連載を続けてきた『ジャンプ』の大人気シリーズ。2018年9月に『週刊少年ジャンプ』での連載を終えたあと、『少年ジャンプGIGA』での移籍連載を経て2019年6月に公式アプリ上で完結した。今回発売の77巻には『ジャンプ』に掲載された『第六百九十六訓 安酒』から、アプリ連載3回目として公開された最終回『第七百四訓 天然パーマにロクな奴はいない』までを収録。表紙は万事屋メンバーをはじめとした人気キャラが大集合したイラストになっている。

 同日発売の『広侍苑』は、大ボリュームのカラーイラストギャラリーや50音辞典、秘蔵ネームなどを収録したファンブック。空知による描き下ろし漫画や手書きコメントのほか、空知と縁のある漫画家やアシスタントからの寄稿イラストも掲載された。

 2冊ともゲットしたファンからは、「まず手に取った時の厚みに驚いた」「どっちも読み応えありすぎて終わりって気がしない」「最終回読んでからのアートギャラリーがマジで胸アツ」といった声が続出。「空知先生マジでお疲れさまでした!」「最後にここまでしてくれたらファンとしても何の未練もない」と、空知を労うメッセージも数多く寄せられている。

 これで大団円を迎えたと思われた『銀魂』だが、アニメ版の公式サイトでは「劇場版銀魂 制作決定」という告知が。公開時期や内容については一切明かされていないものの、ファンからは「銀さんたちが返ってくるぞ…!」「いつまでも楽しませてくれる『銀魂』が大好き」「最終巻の悲しみが一気に吹き飛んだ」と大興奮の声が後を絶たない。

 発売日と同日に発行された「読売新聞」紙面には、公式サイトに応援コメントを寄せた人の名前を掲載した広告が登場。『銀魂』公式サイトでは広告の完全版と空知からのメッセージも公開されているので、こちらもチェックしてみよう。

◆「銀魂」公式サイト:http://www.j-gintama.com/

img02
『銀魂公式ファンブック 広侍苑』(空知英秋/集英社)