「さっそくメイプルがしゃべってる!」 ゲーム小説『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』アニメ化決定&ティザーPV解禁!

マンガ・アニメ

2019/8/26


 夕蜜柑が手がける小説『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』のテレビアニメ化が決定。ティザーPVも公開され、「さっそくメイプルがしゃべってる!」「作画もいいしめっちゃ楽しみ」と注目を集めている。

 同作は、投稿サイト「小説家になろう」から生まれた作品。主人公の本条楓が、友人に誘われてゲームを始める物語だ。初心者で知識の乏しい楓は、最初の設定で防御力だけを最強の状態に。動きも遅く魔法も使えないが、どんな攻撃を受けてもダメージを受けないという不思議なキャラ・メイプルが完成する。さらに一撃必殺のカウンタースキルも身につけ、その姿はまるで“移動型要塞”。彼女を誘ったサリーこと白峯理沙と共に、メイプルの一風変わった冒険が始まるのだった――。

 原作は2016年から連載がスタートし、2017年に書籍化。読者からは「防御特化型主人公って珍しくて面白かった」「異常なスキルを持った楓がほのぼの楽しんでるのが可愛い」「ゲームの運営サイドになったつもりで読むのも楽しいかも」と絶賛の声が相次いでいる。2018年には、『コンプエース』にてコミカライズ版の連載もスタート。こちらもファンに大好評のようだ。

 アニメ化決定に合わせて公式サイトが開設され、ティザーPVも解禁。メイプルが防御に徹して戦う姿や、現実世界で理沙と一緒にいる楓の姿が映し出された。アニメで楓を演じるのは、期待の声優・本渡楓。「名前も似てるし声もピッタリなんて運命じゃない?」「これは“楓”の時代がくるかもね!」「初めて聞く名前だけどPVの時点でかなり期待できそう」と話題を呼んでいる。

 原作の特設サイトには、ストーリー紹介やキャラクター紹介などさまざまなコンテンツが。サワノアキラが手がける『4コマで分かる「防振り」』は、これまでのストーリーをミニキャラで振り返ることができる『防振り』初心者におすすめの企画だ。

 原作小説の最新7巻は、8月9日(金)に発売。8月26日(月)にはコミカライズの最新2巻が登場しているので、アニメの続報を待ちながらこちらもチェックしてみては?

■アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」
原作:夕蜜柑
監督:大沼心、湊未來
アニメーション制作:SILVER LINK.
出演:本渡楓 ほか
公式サイト:https://bofuri.jp/

img01
『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』7巻(著:夕蜜柑、イラスト:狐印/KADOKAWA)

img02
『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』2巻(漫画:おいもとじろう、原作:夕蜜柑、キャラクター原案:狐印/KADOKAWA)