池澤夏樹の名作が「青い鳥文庫」に登場

文芸・カルチャー

2012/5/12

 1996年に出版され、第41回小学館文学賞も受賞した『南の島のティオ』が5月12日(土)、青い鳥文庫で登場する。  小説だけでなく、詩、評論、エッセイ、翻訳と、幅広いジャンルを手がける池澤夏樹。個人編集の世界文学全集も人気を集め、時事問題にも積極的に発言するなど、教養ある知性派のイメージが強い。そんな池澤作品が青い... 続きを読む