鬼殺隊の“柱”が一挙登場! アニメ「鬼滅の刃」第22話の壮観すぎる絵面が話題

マンガ・アニメ

2019/9/6

img01
『鬼滅の刃』16巻(吾峠呼世晴/集英社)

 2019年8月31日(土)に放送された、アニメ「鬼滅の刃」第22話。鬼殺隊の“柱”が一挙に登場し、「絵面の強さがハンパない!」「一堂に介した柱たち、壮観すぎでしょ」と視聴者を盛り上げたようだ。

 アニメ「鬼滅の刃」は『週刊少年ジャンプ』で連載されている、吾峠呼世晴の同名漫画が原作。鬼殺隊の柱・冨岡義勇によって鬼の少年・累は倒されたものの、鬼殺隊本部へと連行されてしまった炭治郎と禰󠄀豆子兄妹。目を覚ました炭治郎の前には義勇や胡蝶しのぶのほか、残りの柱である煉獄杏寿郎・宇髄天元・甘露寺蜜璃・時透無一郎・悲鳴嶼行冥・伊黒小芭内・不死川実弥が勢ぞろいしていた。

 鬼殺隊の一員でありながら鬼の禰󠄀豆子を連れた炭治郎を、柱たちは一斉に糾弾。「禰󠄀豆子は人を食ったりしてない」と炭治郎は反論したものの聞き入れられず、“風柱”の実弥は炭治郎への敵意を隠そうとしない。禰󠄀豆子の入った箱に容赦なく刀を突き刺し、激怒した炭治郎は実弥に頭突きを食らわせて柱たちを驚かせる。

 実弥と炭治郎が今にも対峙する間際、2人を止めたのは座敷の奥から現れた“お館様”こと産屋敷だった。片膝をついた柱たちに、「炭治郎と禰󠄀豆子のことは私が容認していた。そしてみんなにも認めてほしいと思っている」と語りかけた産屋敷。禰󠄀豆子が人を襲った際には炭治郎だけでなく、義勇と元柱・鱗滝左近次が切腹することになっているという。それでも納得ができない実弥は箱から禰豆子を呼び起こし、再び刀を向けるのだった。

 ついに鬼殺隊の柱9人が揃い、視聴者は大興奮の様子。ネット上には「原作でも大好きな柱登場シーン、アニメになって鳥肌が立つくらいカッコいい!」「声が思い描いていた通りで最高」「推しの柱たちが動いてるだけで幸せ…」「蜜璃さんの可愛さや実弥のイヤな奴っぷりが良い感じに出てますね!」といった声が相次いだ。

 自らを傷つけて挑発する実弥と、息が荒く目も赤く血走った禰󠄀豆子。炭治郎は2人の激突を止めることができるのだろうか。

■アニメ「鬼滅の刃」
放送日時:毎週土曜23:30~
原作:吾峠呼世晴
監督:外崎春雄
公式サイト:https://kimetsu.com/anime/