講談社 入手困難本を電子書籍で復刊させるプロジェクト開始!

文芸・カルチャー

2012/5/10

講談社は本日5月10日から、現在入手困難な作品を電子書籍で復刊させるプロジェクト「復☆電書」をスタートさせる。

電子書籍のラインナップ充実と、読者が電子書籍を手に取るきっかけ作りを目指して開催されるのだが、復刊させるタイトルの選定は一般の読者からtwitterとfacebookにてリクエストを受け付ける。
そして、そのリクエストの上位の作品から復刊のための交渉に入るという。

対象となる作品は、講談社から刊行されたもので、現在入手困難な作品であること。
今回の募集では海外翻訳作品、コミック、雑誌は対象外となっている。

受付期間は2012年5月10日(木)~5月31日(木)で、リクエスト上位作品の発表は6月4日(月)の予定。

1人で何作品もリクエスト可能で、twitterでのリツイート数や、facebookでの「いいね!」の数も得票に換算されるので、たった1回の書き込みが復刊に繋がるかもしれない。

<リクエスト方法>
○twitter(アカウント:@fukudensho)
・新規に復刊をリクエストする→#復電書で、「書名」「著者名」をつぶやく
・すでにリクエストされた作品に投票する→リツイートする
○facebook(URL https://www.facebook.com/fukudensho)
・新規に復刊をリクエストする→復☆電書facebookページのウォールに「書名」「著者名」を書きこむ
・すでにリクエストされた作品に投票する→[いいね!]を押す

詳しくは公式サイトで。
⇒講談社「復☆電書」公式サイト