最愛の人の死には3億円の価値があった――“愛の証明”をめぐるラブストーリー『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』

文芸・カルチャー

2019/9/22

『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』(斜線堂有紀/KADOKAWA)  新進気鋭の小説家・斜線堂有紀が手がけた『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』(KADOKAWA)が、2019年7月25日(木)に発売された。“最愛の人の死”をめぐって描かれる夏の物語に、「ぐうの音も出ないほど完璧なラブストーリーでただ泣いて... 続きを読む