続編の連載も始まった人気マンガ『ハッピー・マニア』がお得に! 安野モヨコの画業30周年を記念したセールが電子書籍ストア「ブックパス」で実施中

マンガ・アニメ

2019/9/20

 人気マンガ家・安野モヨコの画業30周年を記念して、電子書籍ストア「ブックパス」ではヒット作の数々をお得に読めるフェアを開催中。2019年9月20日(金)から10月7日(月)までの期間限定で対象作品が読み放題になる他、購入時に30%分のコインが還元される。以下では安野の代表作を紹介していくので、ぜひこの機会にチェックしてみよう。

■続編の連載もスタートした怒涛の“しあわせさがし”

『ハッピー・マニア』1巻(安野モヨコ/祥伝社)

『ハッピー・マニア』は恋に生きる女・重田加代子(シゲタ)が理想のパートナーとの出会いを求めて奔走する恋愛コメディ。純情で一途な男・タカハシとのままならない恋愛や年上の友人であるフクちゃんとの掛け合いなど、リアルでコミカルな人間関係が描かれている。1995年から2001年にかけて連載され、稲森いずみと藤原紀香が出演したドラマ版も大ヒットした“平成最大の話題作”だ。

 なお2017年には結婚したシゲタの“その後”を描く続編「後ハッピーマニア」も登場し、今年9月に発売された『FEEL YOUNG』では同作の連載も始まっている。この機会に始めから読んでおさらいしてみるのも良いかもしれない。

⇒「後ハッピーマニア」の連載が始まった『FEEL YOUNG』10月号はこちら

■一世を風靡した“働く女”の奮闘物語

『働きマン』1巻(安野モヨコ/講談社)

「あたしは仕事したなーって思って、死にたい」。『働きマン』の主人公・松方弘子は週刊雑誌編集部に勤める28歳独身の編集者。仕事モードの時にはスイッチが入り“働きマン”になる弘子は、「30歳までに編集長になる」という夢を叶えるため働き続ける。2006年にはノイタミナ枠でアニメ化され、その翌年には菅野美穂主演でテレビドラマ化も果たし大きな話題を呼んだ。

■自由を奪われた世界で美貌の遊女が手に入れるものは…

『さくらん』1巻(安野モヨコ/講談社)

『さくらん』は江戸・吉原の遊郭を舞台に、異彩を放つ遊女・きよ葉の活躍を描いた物語。2001年から2003年にかけて『イブニング』で連載され、2007年には蜷川実花監督によって映画化。主演に土屋アンナ、音楽に椎名林檎と豪華な面々が集結した映画版は「今見ても女性の描写と映像美が突き抜けてる」「映像の美しさと音楽にひたすら圧倒される映画」と高く評価されている。

 また今回のセールでは、『脂肪と言う名の服を着て[完全版]』や『監督不行届』などの人気作品も一部読み放題に。現実への鋭い目線と豊かな想像力によって描かれてきた傑作の数々に、ぜひ触れてみてほしい。

■ブックパス「安野モヨコ画業30周年記念」キャンペーン特設ページ
https://bookpass.auone.jp/info/annomoyoco/?aid=lbs_003_ddnavi_anno_20190920
※キャンペーンは2019年10月7日(月)23時59分まで。