『このすば』原作者が贈る異色のファンタジー! アニメ『旗揚!けものみち』に「異世界プロレスラーとか斬新すぎる!」と期待の声

マンガ・アニメ

2019/10/1

 大ヒットライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめが原作を務める人気コミック『けものみち』が、ついにアニメ化。2019年10月2日(水)に放送される第1話に向けて、「“このすば”大好きだからめちゃくちゃ楽しみ」「カオスすぎる内容だから今から見るのが待ち遠しい!」と期待の声が巻き起こっている。

 同作の主人公は最強覆面レスラー“ケモナーマスク”こと柴田源蔵。源蔵は世界タイトルマッチの最中に突如異世界に召喚されてしまい、アルテナ姫から魔王と邪悪なる魔獣の退治を言い渡される。しかしケモノを愛し「ペットショップを経営すること」を夢みていた源蔵はその依頼を拒否し、第二の人生に踏み出していく――。

『けものみち』1巻(原作:暁なつめ、漫画:まったくモー助・夢唄/KADOKAWA)

 ケモノ×プロレス×美少女という奇想天外な組み合わせが同作の魅力だが、6月に公開されたアニメ版のPV第1弾もサプライズが満載。PVはまさかの実写映像となっていて、世界タイトルマッチに臨むケモナーマスクと挑戦者・MAOとの波乱に満ちた記者会見が描かれることに。実在するプロレス団体「DDTプロレスリング」の協力のもと、プロレスラー・MAOが自身と同名のキャラクターを演じていることも話題を呼んだ。

 さらに8月には、アニメの映像がふんだんに盛り込まれたPV第2弾も公開。源蔵が異世界の生き物にプロレス技をしかけたり、姫を容赦なくジャーマン・スープレックスで投げ飛ばすさまが描かれている。ド迫力の映像に、ネット上では「異世界プロレスラーとか斬新すぎる!」「なんかやばいものが始まったぞ(歓喜)」「やっぱり暁なつめ先生の異世界ものは超絶変化球なんだな…」と興奮する声が続出していた。

 主要キャストもすでに発表されていて、源蔵役は「天元突破グレンラガン」のカミナ役などで知られる人気声優の小西克幸が担当。また源蔵とパーティーを組む狼の獣人・シグレには、「プリンセス・プリンシパル」のプリンセス役を務めた関根明良が抜擢された。

 原作コミックは『月刊少年エース』で連載されていて、単行本は5巻まで発売中。大注目のテレビアニメ版と合わせて、異色の“ペットショップライフ”を堪能してみては?

■アニメ『旗揚!けものみち』
原作:暁なつめ
監督:三浦和也
シリーズ構成:待田堂子
アニメーション制作:ENGI
出演:小西克幸、関根明良、八木侑紀 ほか

©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会
公式サイト:http://hataage-kemonomichi.com/
公式Twitter:@hatakemoanime