『デート・ア・バレット』アニメ化企画進行中!「狂三がアニメでも主役を張る日が来るなんて感動」と歓喜の声

マンガ・アニメ

2019/10/7

img01
『デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット』5巻(著:東出祐一郎、原案・監修:橘公司、イラスト:NOCO/KADOKAWA)

 東出祐一郎によるライトノベル『デート・ア・バレット』のアニメ化企画が進行中。主人公・時崎狂三役として真田アサミが出演することも明かされ、「これは間違いなく人気アニメになりそう!」と期待が寄せられている。

 『デート・ア・バレット』は、橘公司が手がける『デート・ア・ライブ』シリーズのスピンオフとして生まれた作品。『デート・ア・ライブ』の3巻から登場する精霊の少女・時崎狂三が主人公となり、“領域”と呼ばれる世界を渡りながらさまざまな試練を乗り越えていく物語だ。

 領域の中で繰り広げられるのは、少女たちの殺し合いやアイドルデビュー、幼女化、水着で水鉄砲対決など一風変わった戦い。ファンからは「狂三好きにはたまらないシリーズ」「狂三のいろんな姿を楽しめるところが最高だった」と好評の声が相次ぎ、本編に負けない人気を誇っている。

 アニメ化の決定と同時に公式サイトも開設され、時計の文字盤のようなところに横たわる狂三と白い少女の姿が。真田は2013年放送のアニメ版「デート・ア・ライブ」でも狂三を演じていたため、「狂三さんをまた演じられること、心から嬉しく思います」「自分のできる全てで、狂三さんと向かい合いたいと思います! どうぞ応援よろしくお願いいたします!」と意気込みを語った。

 スピンオフ作品のアニメ化とあって、ファンからは「狂三がアニメでも主役を張る日が来るなんて感動」「『バレット』アニメ化と聞いて子どもみたいに大喜びしてしまった」「狂三人気はやっぱり強いな」と歓喜の声が続出。真田は2019年10月20日(日)に開催される「ファンタジア文庫大感謝祭2019」にて、『デート・ア・ライブ』スペシャルステージに出演することも決定している。

 9月20日(金)発売の『ドラゴンマガジン』11月号は、『デート・ア・ライブ』が表紙に登場。書き下ろし小説やイラスト、付録の小冊子など全159ページの巻頭特集も組まれているので、こちらもチェックしておこう。

◆アニメ「デート・ア・バレット」公式サイト:http://date-a-bullet.com/

img02
『ドラゴンマガジン』11月号(KADOKAWA)