「お願いエンデヴァー気づいてあげて…!」『ヒロアカ』244話、エンデヴァーにメッセージを伝えるホークスが話題

マンガ・アニメ

2019/10/2

img01
『週刊少年ジャンプ』44号(集英社)

 2019年9月30日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』44号。『僕のヒーローアカデミア』ではホークスがエンデヴァーに接触し、「ついにホークスが動いたぞ!」「ハラハラしすぎて胃が痛くなる」と注目を集めている。

 中断されていたインターンの再開が決まり、轟焦凍、爆豪勝己、緑谷出久の3人は焦凍の父・エンデヴァーの元でインターンを開始。エンデヴァーは焦凍以外を構うつもりはないと断言するが、出久も爆豪も怯むことなくエンデヴァーの後を追った。

 街中では“星のしもべ”と呼ばれる謎の老人があらゆる建物のガラスを吸い取り、人々の注目を集めながら演説中。脅威の速度で駆けつけたエンデヴァーは、自身の炎で老人が作ったガラスの球を破壊する。熱さに参った老人は退散すると見せかけ、エンデヴァーを建物の隙間に誘導。物陰から現れた老人の仲間がエンデヴァーを襲う。

 出久と爆豪が敵を止めようとすると、そこに翼を広げたホークスが登場。ホークスは素早い攻撃で標的を仕留め、「ごめん、俺の方がちょっと速かった」と2人に謝罪する。エンデヴァーは突然現れたホークスが気に入らない様子だったが、冷たい視線に構わずに「異能解放戦線」という本を差し出すホークス。本の中身について解説しながら、心の奥で「回りくどくてスミマセン」「今はこんな伝え方しかできないが 気付いてくれよNo.1!」と強く念じていた。

 ホークスは現在、敵(ヴィラン)連合にスパイとして潜入中。連合が異能解放軍と手を組んでからは常に監視されているため、本を利用してエンデヴァーにメッセージを伝えようとしているらしい。このホークスの行動に、読者からは「お願いエンデヴァー気づいてあげて…!」「ホークスがんばれ超がんばれ」「この作戦報われてほしいなぁ」と彼を応援する声が上がっている。

 「俺たちも暇になるでしょ!」というホークスの言葉に、彼が昔言っていた「ヒーローが暇を持て余す世の中にしたい」という夢を思い出したエンデヴァー。果たしてホークスの思いは正しく届くのか、次週も見逃せない。

img02
『僕のヒーローアカデミア』24巻(堀越耕平/集英社)