特別ふろくはムーミンダイアリー2020!『月刊MOE』11月号のムーミン特集が大好評!

暮らし

2019/10/10

『月刊MOE』2019年11月号(白泉社)

 “絵本のある暮らし”を提案する雑誌『月刊MOE』(白泉社)の最新11月号が、2019年10月3日(木)に発売された。今号は同誌の毎年恒例企画として、巻頭大特集に「ムーミン」が登場。不思議な魅力に溢れたムーミンの世界のマニアックな情報が満載で、手に取った人たちからは「大満足の一冊。ムーミンがいっぱい詰まっててスゴく面白かった!」「ムーミン特集かなり読み応えあって、まだ数ページしか読んでないのに幸福に満たされている」など、続々と好評の声が上がっている。

 知れば知るほど奥が深いムーミンの世界。誰もが一度は「ムーミンってそもそも動物なの? それとも妖精?」といった素朴な疑問を持ったことがあるだろう。しかし深く掘り下げてみると、そこには作者が作品に込めたメッセージが見えてくる。

 今号ではMOE読者から寄せられたムーミンへの疑問や物語に登場する脇役についてなど、ムーミンの世界に隠された“謎”を徹底的に解明。また実際にフィンランドでの取材も行われ、昨年オープンした氷の洞窟やムーミンがシンボルとなった海を守る「#OURSEA」の活動といったとれたての最新情報も網羅している。

 そして今回の特別ふろくは、カバーにムーミンやスナフキン、ちびのミィといったキャラクターがさりげなく描かれた「ムーミンダイアリー2020」。普段使いにも適したシンプルなデザインが魅力だ。

 さらにとじこみふろくとしてダイアリーに貼れる「ちっちゃなムーミンシール」もついてくるので、上手に活用すれば自分だけの可愛らしいダイアリーに仕立てられるかも。

 ダイアリーを楽しみにしていたという人も多かったようで、ネット上には「今年のダイアリーもめちゃくちゃ可愛くてニヤニヤしてしまう…」「友人にもムーミンのダイアリー使ってほしくて、思わず2冊買ってしまいました(笑)」「このダイアリー単体でもお金とれるくらい使い勝手も良くて可愛いです!」と絶賛する声が後を絶たない。

 ムーミンの魅力をより深く知りたい人は、『月刊MOE』11月号を見逃さないようにしよう。