「飯テロに悩まされる金曜日が始まった」 ドラマ「孤独のグルメ Season8」第1話は中華釜飯!

エンタメ

2019/10/11

img01
『孤独のグルメ』2巻(著:久住昌之、作画:谷口ジロー/扶桑社)

 2019年10月4日(金)深夜にドラマ「孤独のグルメ Season8」第1話が放送。連続ドラマとしては約1年半ぶりとなる“五郎”の帰還に、視聴者は「五郎さん、おかえりなさい!!」「また飯テロに悩まされる金曜日が始まったぜ」と大盛り上がりのようだ。

 第1話は横浜・中華街が舞台。五郎は公園のベンチでパソコンを広げ、肉まんを頬張りながら無茶ぶりされた案件に対応していた。どうにかパソコン作業を終えて商談先の占い師・ワン(八嶋智人)のもとへ向かうも、そこでなぜかワンから自身のキャラについて相談を受けることに…。この時点ですでにファンからは「八嶋智人のムダづかいwww」「キャラ濃くてのっけからおもろい」「これぞ孤独のグルメって感じ!」と爆笑の声が。

 何とかワンとの商談を終えた五郎は、1人でも入れる店を探して小さな店が軒を連ねる路地を攻めていく。しかしバリエーションの多さに、なかなか店が決められない。めげそうになっていた五郎は、“釜飯”という文字を見つける。「中華で“釜飯”」という意外性に引かれ、「これはちょいと気になりますですよ…」と入店を決意。「腸詰め干し肉貝柱釜飯」「香港海老雲呑麺」「アヒルのパリパリ揚げ」など、気になるメニューをどんどんと頼んでいくのだった。

 「本日の中華勝負、ほぼ勝利確定」「あひるがなければ食いたくて暴れていた」「たまらん、止まらん、たまとまらん!」「おいしさに国境はない」といった名言と共に次々と食事を平らげる五郎。その様子に視聴者からは「飯テロすぎてツラい」「金曜深夜にこれをやるテレ東は鬼畜か!」「五郎さんが『オッホッホ』と言いたい気持ちがわかる」「もう無理… 今すぐ釜飯を食べさせてくれ!!!」と悲鳴が上がっていた。

 また第1話には常連客役として、“ハマの大魔神”こと元プロ野球選手・佐々木主浩も登場。「大魔神、普通に食って普通に帰っていったwww」「佐々木、飯食いに来ただけじゃん」と注目を集めている。

 次回の「孤独のグルメ」は、杉並区高井戸を訪れる予定。五郎はいったいどんな“飯テロ”グルメに巡り合うのだろう。

■ドラマ「孤独のグルメ Season8」
原作:久住昌之谷口ジロー
放送:毎週金曜日 深夜0時12分~0時52分(テレビ東京・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送)/その他放送各局による
主演:松重豊
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume8/