夫の嘘と、妻の秘密。夫婦はどんな答えを見つけるのか? 主演・高橋一生×ヒロイン・蒼井優 映画『ロマンスドール』タナダ監督執筆の原作が文庫発売!

エンタメ

2019/10/23

 一目で恋に落ちて結婚した妻との日々を描き、“ラブドール職人”という型破りな設定とセンセーショナルな展開が話題を呼んだ、タナダユキの小説「ロマンスドール」。男女が強く惹かれ合い、そして時間とともに変わっていく感情と関係を繊細に描いた物語は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されるやいなや、多くの読者の共感と感動を呼んだ。そんな発表から10年、原作者自らがメガホンを取り、純愛と性愛が交差する、新たな映画作品が誕生。2020年1月24日(金)に全国公開となる。

 タナダ監督執筆の原作小説は、現在は電子書籍で読むことができるが、映画化を機に文庫版の刊行が決定。11月25日に角川文庫より発売される。タナダ監督による加筆修正と書き下ろしのあとがきを加え、作品とラブドールについて洞察するみうらじゅん氏の解説も収録。しかも発売時には、高橋一生と蒼井優の写真を用いた映画版カバーをかけて店頭に並ぶ。変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリーを、まずは小説でじっくりと味わってみては。

【映画情報】
出演:高橋一生 蒼井優 浜野謙太 三浦透子 大倉孝ニ ピエール瀧 きたろう 渡辺えり 
脚本・監督:タナダユキ
原作:タナダユキ「ロマンスドール」(角川文庫刊)11月25日発売
©2019「ロマンスドール」製作委員会 配給:KADOKAWA 映画公式サイト:romancedoll.jp