「ボルトがヒナタと話すところ、ちょっと感動した」 少年時代の仲間が集結! サスケはなぜ居ないのかと問われ…【アニメ「BORUTO」130話】

マンガ・アニメ

2019/11/2

img01
『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』9巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2019年10月27日(日)放送のアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第130話に、下忍時代のサクラやヒナタが登場。懐かしい顔ぶれが揃うシーンに、「まるで同窓会みたい」と歓喜の声が相次いでいる。

 ナルトのチャクラを狙うウラシキを追いかけて、過去にやってきたボルトとサスケ。最初はよそ者として怪しまれ尋問を受けたが、最終的にこの時代のナルトや自来也に監視されながら里に滞在することになった。サスケがどこかへ行っている間、ナルトと2人きりになるボルト。2人で里を散策していると、春野サクラや日向ヒナタ、日向ネジ、ロック・リーといったナルトの友人たちが現れる。

>>『BORUTO』のTVアニメが見放題! 漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】

 彼らは五代目火影から命じられた特別指令のために、手の空いている下忍を集めているとのこと。特別指令の内容は銭湯の掃除で、奈良シカマルや秋道チョウジ、犬塚キバ、山中いの、油女シノ、テンテンといったメンバーが参加していた。ナルトとボルトも掃除に加わることになり、ナルトは影分身を使って広い男湯を一斉にブラシがけ。それを見たキバも忍術を使いはじめ、男湯はあっという間に泡だらけになっていく。

 その後もひとしきり騒いで、しっかり大人に叱られる男子たち。しかし帰り道、ボルトは最近里から抜け忍が出たという話を耳にした。この時代のサスケが姿を見せないことが気にかかっていたボルトは、彼らの言う抜け忍がサスケのことだと推測。帰ってきた大人のサスケを問い詰めると、サスケは「あの頃の俺には、ほかに選択肢がなかった」と返す。

 かつての仲間たちが集合する銭湯のシーンには、視聴者から「みんな若いなー! 声もなんか懐かしい」「ボルトがヒナタと話すところ、ちょっと感動した」「この頃の男子は本当におバカで好きwww」と歓喜の声が続出した。

 銭湯掃除から1夜あけた次の日、居場所の分からなかったウラシキがナルトの前に出現。ボルトやサスケは少年時代のナルトを守ることができるのだろうか。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/