「千葉雄大のキス角度がエグすぎる…」第1話から恋の乱気流!? 新ドラマ「おっさんずラブ -in the sky-」が怒涛の展開

エンタメ

2019/11/8

img01
ドラマ「おっさんずラブ -in the sky-」

 ドラマ「おっさんずラブ -in the sky-」(テレビ朝日系)が2019年11月2日(土)から放送開始。大人気ドラマの続編とあって、ネット上で「初回からぶっ飛んでるなぁ」「やっぱり最高だなこのドラマ…」と話題になっている。

 同ドラマは新人客室乗務員・春田創一をめぐって巻き起こる、“おっさん”同士のピュアラブストーリー。伝説ともいえる前作から春田役の田中圭、黒澤武蔵役の吉田鋼太郎が続投するものの、新しくなった舞台や登場人物などの設定に注目が集まっていた。

 第1話は春田が寝坊に気づいて大慌てするシーンからスタート。慌てながらもお人よしを発揮して様々なトラブルに遭い、大遅刻の末にフライトから外されてしまう。千葉雄大演じるクールなパイロット・成瀬竜に叱られて落ち込んでいた春田は、成瀬が女性と修羅場になっているシーンを目撃。逃げようとする春田の腕をつかんだ成瀬が突然春田にキスをして、「そういうことだよ」と女性に別れを告げる。

 春田も大いに驚いた一幕だが、実は2人のキスシーンを陰から見ていた黒澤の方がはるかにショックを受けた様子。手が震えるほどうろたえている自分に、黒澤は「どうしてこの私が動揺しているのだろうか…」と悩んでしまう。暗い気持ちを抱えたままの黒澤だったが、ある日夜中まで残っていた春田と2人っきりに。話すうちに寝てしまった春田が黒澤の肩に頭を乗せると、黒澤は思わず「なんだこの気持ちは!?」「おい春田! 俺の気持ちをかき乱すのはやめろ!」と心の中で大絶叫する事態に。

 さらに成瀬が修羅場を迎えていた相手が実は男性だったことや、戸次重幸が演じる整備士・四宮要がひそかに春田のデッサンを描きまくっていたことも発覚。怒涛の展開すぎる第1話に、番組を見た人からは「第1話とは思えないほどフルスロットル」「やっぱり黒澤さんは乙女チックなのね」「千葉雄大のキス角度がエグすぎる…」といった声が相次いでいる。

 複雑な恋の嵐に翻弄される春田。スピード展開の物語から、次回も目が離せない。

■ドラマ「おっさんずラブ -in the sky-」
脚本:徳尾浩司
演出:瑠東東一郎、山本大輔、Yuki Saito
出演:田中圭、吉田鋼太郎、千葉雄大、戸次重幸 ほか
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/