「赤井さんのあんな笑顔見たことないwww」『サンデー』52号、『名探偵コナン』に登場した赤井やメアリーに爆笑の声続出

マンガ

公開日:2019/11/29

img01
『週刊少年サンデー』52号(小学館)

 2019年11月27日(水)発売の『週刊少年サンデー』52号から、『名探偵コナン』の新章が開幕。同棲を始めたプロ棋士・羽田秀吉と宮本由美のエピソードが描かれたのだが、「由美さんの想像する秀吉さん一家が可愛すぎる」と話題になっている。

 少年探偵団と並んで歩きながら、スマホで将棋関連のニュースをチェックしていたコナン。歩美の些細な疑問をきっかけに“八百長”の意味や語源について話し合っていると、そこに秀吉が通りかかった。大事な人と会うという秀吉を見送った直後、今度は秀吉の後をつける由美を発見。彼女は最近秀吉の様子がおかしく、コソコソ出かけることが多いと打ち明ける。

 秀吉は羽田家の息子・浩司が事故死した後、プロ棋士になりたいという浩司の夢を継ぐため羽田家に迎えられた養子。コナンは少年探偵団を巻き込んで尾行を続行する由美に、「太閤名人の親には会ったの?」と質問した。しかし由美は、秀吉の養父母だけでなく実の家族とも会ったことがないと告白。実の家族について「どーせ秀吉に似て… のん気な家族でしょうけどね…」とつぶやく由美に、コナンは心の中で「いや… のん気な人は1人もいないと思うよ…」とツッコミを入れる。

advertisement

 秀吉の家族を想像する由美の背後には、朗らかに笑う秀吉や同じ表情の赤井秀一、世良真純、メアリーの姿が。このイラストには読者から「赤井さんのあんな笑顔見たことないwww」「この一家は秘密とかなさそう」「本当にこれくらいのん気だったらいいのに」と爆笑の声が相次いだ。

 由美が尾行を続けた結果、秀吉は将棋の勉強会に参加していることが発覚。由美や少年探偵団も合流して勉強会に使っているマンションへ向かうと、部屋の中で参加者の1人・源田安清の遺体が見つかる。遺体を調べたコナンは、首についていた痕から絞殺と判断。近くにはなぜか脚が2つ切り取られた将棋盤が置かれていた。

 現場となった部屋に鍵は掛かっておらず、犯行は他の人が買い出しに出かけたわずか10分の間に起きたよう。果たしてコナンは事件を解決することができるのか、次回も見逃せない。

img02
『名探偵コナン』96巻(青山剛昌/小学館)

この記事で紹介した書籍ほか

名探偵コナン (96) (少年サンデーコミックス)

著:
出版社:
小学館
発売日:
ISBN:
9784091291790