「断崖絶壁で犯人追い詰めてそう」 船越英一郎そっくりな俳優・猪越健一郎に爆笑の声【アニメ「名探偵コナン」第962話】

マンガ・アニメ

2019/12/13

『名探偵コナン』97巻(青山剛昌/小学館)

 2019年12月7日(土)に放送された、アニメ「名探偵コナン」第962話。今回は毛利小五郎の講演会が開かれることになったのだが、ゲストの1人がある大物俳優にそっくりだと話題になっている。

 講演会の会場となるのは、リニューアルされたばかりの「HISHIDAホール」。小五郎は“名探偵の極意を語る”というテーマで講演し、後半ではゲストを招いたトークイベントを行う予定だ。ゲストは俳優の猪越健一郎、警備会社社長の月野木英樹、そして小五郎の妻であり弁護士の妃英理の3人。講演会当日、楽屋では出演者とスタッフ同士の挨拶が行われる。

>>『名探偵コナン』のTVアニメが見放題! 漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】

 猪越は刑事役や探偵役が多い俳優で、“推理ドラマのキング”と呼ばれている様子。灰原哀は彼のドラマがあまり好きではないのか、冷めた表情で「なぜかいつも断崖絶壁で謎解きとかしちゃって…」とつぶやいた。「今度俺のドラマにも出てくださいよ」と決め顔で小五郎を誘う猪越に、視聴者からは「船越英一郎さん意識してるでしょ!」「渋めのハンサムって感じの見た目が完全に船越さん」「確かに断崖絶壁で犯人追い詰めてそう」と爆笑の声が上がっている。

 猪越と小五郎が話をしていると、楽屋の外から怒声が。廊下でホールの元支配人・冷泉茂吉が、今のオーナー・菱田順子に向かって「ワシはこんなホールは認めんぞ!」と杖を突きつけていた。楽屋から出てきた猪越が仲裁に入り、杖を下ろす冷泉。猪越は月野木に「てか、本当はあんたの役目じゃねぇの?」と問いかけるが、月野木は「警備の現役は退いた。あなたのせいでね」と鋭い口調で返す。

 その後冷泉は退散し、出演者もそれぞれの楽屋へ。ところが講演会の直前、楽屋で胸から血を流して死んでいる猪越の遺体が発見された。

 猪越の死には、「いいキャラだったのに退場早すぎ!」「猪越さんと小五郎の絡みをもっと見たかった」と視聴者も動揺。小五郎は1時間で解決して講演会を決行すると宣言したが、果たして無事に解決することができるのだろうか。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/