「名前も股間も隠し方がギリギリだぞ」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第84話、南方妖怪・チンさんの謎に包まれた本名が話題

マンガ・アニメ

2019/12/14

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年12月8日(日)に放送されたアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第84話に、南方から来た妖怪の“チンさん”が登場。最後まで本当の名前が呼ばれない展開に、「隠し方が絶妙すぎる」「もうだいたい分かってるんだけどなぁ…(笑)」と爆笑の声が続出している。

 山の中の貧しい村に住むチンさんは、「村のみんなに楽チンな生活をさせたい」という夢を抱いて来日した妖怪。ラーメン屋で厄介な客を撃退するような正義感の強い性格だが、服を着ず股間を丸出しにしていたため警察に捕まってしまった。身元引受人として現れたのは、鬼太郎やねこ娘、そしてまな。まなは一糸まとわぬ姿のチンさんに、「それ、巻いて!」とタオルを差し出す。

 その後働き口を探し始めたチンさんは、面接で本名を言っただけで落とされると落胆。話を聞いたねこ娘が、赤面しながら「次の面接、“チンさん”って名前で受けてみたら?」とアドバイスした。すると間もなく仕事が決まり、ほかの外国人労働者に交じって倉庫作業を始めたチンさん。ところが働いているうちに、外国人だけ安い賃金で長時間働かされていることが発覚する。

 怒ったチンさんは、倉庫の中で大暴れ。駆けつけた鬼太郎とまなの説得で大人しくなるが、職場はそのまま退職してしまう。後日チンさんは助けてくれた鬼太郎たちに感謝を告げ、給料で買ったマフラーをまなにプレゼント。新しい職場で働くため、みんなに別れを告げて旅立って行く。

 外国人労働者やブラック企業などシビアな問題に切り込んだエピソードだったが、チンさんの本名は最後まで明かされないまま。名乗ろうとするたびにハトや汽車などの邪魔が入り、結局まなも“チン”から先を知ることはなかった。しかし本名を察した視聴者からは、「名前も股間も隠し方がギリギリだぞ」「その前にまずパンツを履いてくれ!」「なんて厄介な妖怪を出してしまったんだ…」とツッコミが続出。「知らない方がいいこともあるよね」「まなちゃんにはピュアなままでいて欲しい」といった声も上がっている。

 謎の多い妖怪の世界には、他にもチンさんのような珍妙な名前が存在するかもしれない。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/