「史上最高の盛り上がり」 ボルトとナルトが力を合わせた大迫力のバトルシーンが映画並と評判【アニメ「BORUTO」135話】

マンガ・アニメ

2019/12/14

『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』9巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2019年12月8日(日)に放送された、アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の第135話。ナルトとボルト、そして自来也とサスケが力を合わせて敵を撃破し、「映画でも見てるのかと思った」「展開も作画も神すぎる…!!」と絶賛の声が相次いでいる。

 強敵・ウラシキを追って過去の世界に飛んできたボルト&サスケと、彼らの素性を知らないまま協力することになったこの時代のナルト&自来也。ボルトはナルトと修行して手に入れた連携技で、ウラシキに大きなダメージを与えることに成功した。倒れたウラシキは怒りをあらわにして立ち上がり、自分の目玉を食べてパワーアップ。今までよりもさらに強力な攻撃を繰り出す。

>>『BORUTO』のTVアニメが見放題! 漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】

 自来也は飛び出そうとするナルトを引き留め、「感情に任せて動くなよ、あいつの目的はお前だ」と忠告。ボルトとナルトが気を引き、その隙に自来也が動きを封じる作戦に出た。遅れて現れたサスケも参戦し、戦闘はさらに過激に。ウラシキはわざとナルトを怒らせ、彼の中に封印された九尾を引きずり出そうと目論む。

 ウラシキの思惑通り、怒りで我を忘れたナルトは九尾のチャクラで暴走。敵味方の区別がつかなくなったナルトを止めるため、ボルトは「ナルト、心配いらねぇってばさ。だって俺は誰よりもお前を知ってるからよ」と声をかけた。そのまま「ばっちり受け止めるぜ、父ちゃん!」と手を差し出し、ナルトの攻撃を受け止める体勢になるボルト。するとナルトは正気を取り戻し、ボルトと2人でウラシキに攻撃を放つ。

 ウラシキが怯んだ隙に自来也とサスケも攻撃を叩き込み、全てを一身に受けたウラシキは消滅。一連のバトルシーンには、視聴者も「必殺技のオンパレードだったな!」「『BORUTO』史上最高の盛り上がり」「映像も美しくてなぜか涙が出てきた」と大興奮だ。

 時を超えた親子の絆が勝利に繋がった今回のエピソード。この出来事は未来にどんな影響をもたらすのだろうか。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/