「ローストチキンが食べたくなってきた!」アニメ「ちびまる子ちゃん」 ローストチキン回が“クリスマス飯テロ”と話題

マンガ・アニメ

2019/12/25

ちびまる子ちゃん 1 (りぼんマスコットコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
『ちびまる子ちゃん』1巻(さくらももこ/集英社)

 2019年12月22日(日)放送の「ちびまる子ちゃん」では、「憧れの丸ごとローストチキン」の巻を放送。クリスマスの情緒を感じる、ちょっとした飯テロ回だったようで、「ローストチキンが食べたくなってきた!」との声が上がっている。

 クリスマスイブの前日に、テレビで“ローストチキン”を見たまる子。さっそく友蔵をつれて、ローストチキンの買い出しにでかけた。しかしどこに行ってもローストチキンは見つからず、スーパーに行っても生のとり肉しか置いていない。まる子の家にはオーブンが無いので、焼くことができず困ってしまう。

 それでも諦めきれないまる子は、オーブンを借りにたまちゃんの家へ。ところがたまちゃんのお母さんがオーブンをチェックすると、故障していたことが発覚。仕方なく写真が大好きなたまちゃんのお父さんの提案で、鳥肉との記念写真だけでも撮っておくことにする。

 希望が潰えてしまったかのように思えたが、大豪邸に住む花輪くんがオーブンを貸してくれることに。彼の家はお食事会の準備の真っ最中で、まる子たちが豪華な料理に見とれているとお肉を焼いてきてくれた。「花輪くんありがとう!」と喜ぶまる子に、「お安い御用さ!」と格好つける花輪くん。鳥を丸ごと焼いた、豪華なローストチキンが完成した。

 しかしその後に花輪家特性のローストチキンが通り過ぎ、あまりの大きさにショックを受けるまる子。「おじいちゃん、あんなに大きくて贅沢だと思っていたローストチキンが小さく見えるね」と、若干しょんぼりしてしまう。とはいえ花輪家のローストチキンより小さくても、ローストチキンはローストチキン。すっかり浮かれたまる子は、お母さんに「少しだけ今日食べようよ」と提案する。

 最後はクリスマスイブの前日に、ローストチキンを全て平らげてしまい終了。少し残念な結果になったが、視聴者からは「今年のクリスマスはローストチキンにしたいな」「ローストチキンがめっちゃ美味しそう!」「まだクリスマスじゃないけどチキン買ってきた」といった声が上がっていた。

 大きなローストチキンは、大人にとっても憧れのクリスマス料理なのかもしれない。

■「ちびまる子ちゃん」
放送日時:毎週日曜 18:00~
原作:さくらももこ
出演:TARAKO、屋良有作、一龍斎貞友、島田敏、佐々木優子、豊嶋真千子 ほか
公式サイト:http://chibimaru.tv/

この記事で紹介した書籍ほか

ちびまる子ちゃん 1 (りぼんマスコットコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088534138