「可愛すぎてずっとこのままでいて欲しい」 潜入任務を命じられたサラダの変装に絶賛の声続出!【アニメ「BORUTO」第141話】

マンガ・アニメ

2020/2/1

『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』10巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2020年1月26日(日)に放送された、アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第141話。サラダが任務のためにいつもと違う服装で登場し、「メガネも帽子もめっちゃ似合ってる!」「可愛すぎてずっとこのままでいて欲しい」と絶賛の声が続出している。

 今回第7班に命じられた任務は、草隠れの里が管理する刑務所「鬼灯城」への潜入。鬼灯城に収容されているコクリという男を、凶悪な犯罪組織「狢強盗団」から守るという内容だ。コクリは元々強盗団の仲間だったが、裏切って逃走したあと強盗傷害事件を起こして鬼灯城へ。過去を隠しながら囚人生活を送っていたところ、新しい囚人として狢強盗団のナンバー2・ツキヨが現れる。

 狢強盗団は裏切り者に厳しい組織で、殺されることを恐れたコクリは強盗団の情報と引き換えに助けて欲しいと木ノ葉隠れの里に要求。ナルトが鬼灯城の城主・無常と掛け合い、コクリの保護を極秘任務として行うことになった。ボルトとミツキは囚人に扮して刑務所に入り、コクリやツキヨの情報を収集。一方サラダはジャーナリスト志望の学生を名乗り、鬼灯城に取材として足を踏み入れる。

 看守長・ベンガと共に現れたサラダは、いつもと違う黄色いメガネに白いベレー帽、そして水色のワンピースといった服装。これには視聴者から、「赤い服以外のサラダ初めて見たかも!」「女の子はやっぱりおしゃれだなぁ」「ヤバいヤバい、めっちゃときめいた」と歓喜の声が相次いだ。

 サラダは刑務所内を観察して回りながら、囚人のチャクラを封じる術に弱点があるという情報を入手。火を使った忍術のため、かけられた人間が水を被れば無効化されるという。一方ボルトはわざと毒のある鬼灯を食べ、医療監房にいるコクリと接触。しかし直後にコクリが何者かに襲われて負傷してしまう。医療監房の警備は厳重で、特別な木札がないと出入りは不可能。果たしてコクリを襲った犯人は誰なのか、次回も見逃せない。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト