「みさえの立場を想像したらゾッとする」 アニメ「クレヨンしんちゃん」ゾンビ顔のみさえがインパクト強すぎ

マンガ・アニメ

2020/2/6

『新クレヨンしんちゃん』9巻(臼井儀人&UYスタジオ/双葉社)

 2020年2月1日(土)放送のアニメ「クレヨンしんちゃん」では、みさえがまさかの大ピンチに。焦るみさえを見た人から、「まさかの表情に笑った」「気持ちはわかるけど笑っちゃう」といった声が相次いでいる。

 みさえが危機に陥ったのは、「大金を落としたゾ」というエピソード。みさえはひろしの給料を銀行で下ろして、鼻歌を歌うほどウキウキの状態だった。すぐさましんのすけに「なんのうめき声?」「ゾンビのモノマネをマスターしたんだね」と水を差されても、いつもほど怒る様子はない。とはいえしんのすけが道端を行く人に対して、「ウチの父ちゃんにお給料が出まして」と暴露しているのを見た時は「コラ、しんのすけ!」と一喝。「あ、母ちゃん」と言い出したしんのすけを無視して抱えると、さっさと買い物へ出発した。

 デパートにやってきたみさえは、給料日の直後とあって普段より奮発気味。しんのすけのおねだりにも大らかに応じていたが、レジでバッグの中を見て表情が一変する。1カ月分の食費が入った給料袋をどこかで落としたらしく、人目もはばからず大絶叫するみさえ。土気色になったゾンビのような顔で店員へ「探してきます」と言い残し、通ってきた道を戻りながら探すことに。

 みさえの奮闘も実らず、銀行まで戻っても封筒の行方はわからないまま。ひろしが「俺が1カ月、汗水流して稼いだ金なんだぞ!」と大泣きする光景を想像してしまい、がっくり落ち込んでいた。しかし警察に届け出ようとした直前で、しんのすけのズボンに封筒が挟まっているのを発見する。引っ張ってみると、出てきたのはみさえが落とした給料袋。しんのすけによれば、銀行を出たところでみさえが落とした給料袋をギリギリで拾っていたという。しんのすけに「人の話を聞かないんだから」と叱られると、みさえも今回ばかりは素直に謝るのだった。

 番組を見た人からは、「みさえの立場を想像したらゾッとする。私も同じ状況になったら、ゾンビみたいになるだろうな」「めちゃくちゃ共感する話なんだけど、みさえの顔芸が強すぎる」といった声が続出。

 普段は怒っているイメージの強いみさえだが、表情のバリエーションはかなり豊かなようだ。

■アニメ「クレヨンしんちゃん」
放送日時:毎週土曜 16:30~
原作:臼井儀人
監督:ムトウユージ
出演:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ ほか
公式サイト