「終始ときめいて悶えてしまった」 大人気少女マンガ『金色のコルダ 大学生編』3巻の展開に驚きの声!?

マンガ・アニメ

2020/2/29

『金色のコルダ 大学生編』3巻(著:呉由姫、企画・原案:ルビー・パーティー/白泉社)

 呉由姫が手がける大人気少女マンガ『金色のコルダ 大学生編』の3巻が、2020年2月5日(水)に発売された。お馴染みのキャラクターたちが登場する青春群像劇に、ネット上では「めちゃくちゃ“乙女ゲー”してて楽しい!」「今回も終始ときめいて悶えてしまった」「香穂子が魔性の女すぎる…!」と大きな反響が上がっているようだ。

 同作で描かれるのは、2003年から2011年にかけて連載されていた『金色のコルダ』の続編にあたる物語。前作から3年後、星奏学院高校で青春を過ごした主人公・日野香穂子は大学に進学していた。香穂子が想いを寄せる月森蓮はウィーンに留学中で、遠距離にいながらもエアメールをやりとりする仲。しかし2人はまだ付き合ってはいないようで、香穂子は他の男性陣からもアプローチを受けている。

 作中では気品あふれる先輩の柚木梓馬やマイペースで生真面目な志水桂一など、人気キャラクターとの恋模様が次々と展開。前作の完結から数年の時を経た新作ということもあり、第1巻が発売された際には「続編が読めるなんて思ってなかったので、すごくうれしいです」「大好きなシリーズなので迷わず購入しました。やっぱりこのメンバーが一番いいなあ」と多くのファンを歓喜させていた。

 最新刊となる3巻ではオケ部後輩の演奏を聴いてコンサートへの意識がさらに高まった香穂子が、それぞれのメンバーに練習をみてもらう。しかしなぜか柚木とデートに行くことになったり、志水からも距離をどんどん詰められてしまうことに…。

 胸キュン必至のラブストーリーに、SNSなどでは「ああ、柚木様が麗しい…」「ちょっと大人になった男の子たちがかわいくてニヤニヤしちゃう」「志水くんがこんな積極的な子になるなんて! 本編もときめきながら見ていたけど、大学生編もたまらない」「志水くんが最高にかわいいし、続きが気になりすぎる!」といった感想が相次いでいる。

 同作は少女マンガ誌『LaLa DX』にて大好評連載中。2月10日(月)発売の3月号ではコミックスの発売を記念して表紙を飾っているので、単行本と合わせてチェックしてみよう。