「サラダの目つきがサスケみたいになるのホントに好き」 サラダとベンガの戦闘シーンが神だと話題に【アニメ「BORUTO」第145話】

マンガ・アニメ

2020/2/29

『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』10巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2020年2月23日(日)に放送された、アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の第145話。看守長ベンガと格闘をくり広げたサラダに対し、視聴者から「今回の作画神すぎない?」「サラダちゃんのかっこいいところが見られて満足です」などの反響が上がっている。

 “第二鬼灯城”への移送が決まったコクリ。他の建物に移されてしまうとコクリの護衛任務ができなくなると思ったボルトたちは、彼を脱獄させる計画を練ることに。

 ボルトとミツキ、サラダは脱獄を成功させるためにいくつかの下準備を遂行していく。サラダが担当したのは、コクリにかけられた禁固術“天牢”の解除。しかし、術を解くために必要となる水は貯水タンクから持ってくるしかない。狙うのは警備が厚い地上のタンクではなく、緊急時のみ使われるという地下のタンク。サラダは地下のタンクに水を貯めるため、中庭にある切り替えバルブへと忍び込んだ。

 切り替え用の重いレバーを、「しゃーんなろ!」と下げるサラダ。タンクの切り替えに成功したサラダは地下道を移動するが、そこで待ち構えていたのはベンガだった。サラダから数々の悪行を問い詰められたベンガは、「帰すわけにはいかねぇなぁ…」と彼女が背を向けた瞬間に攻撃。ベンガが放つ術を軽やかな身のこなしで避けていくサラダだが、激しい忍術により地下道が崩れて穴の底へと落ちてしまう。

 2人の戦闘を見た視聴者からは、「サラダの動きがぬるぬるしててめちゃくちゃかっこよかった」「戦闘してる時の目つきがサスケみたいになるサラダちゃんホントに好き」といった声が続出。また、ベンガを問い詰めるサラダに対して「私もこんな風にサラダちゃんに問い詰められたい…」「物怖じせずに言いたいことを言うところがマジで惚れる」など賞賛の声も相次いでいた。

 深い穴に落ちて気を失うサラダ。果たしてコクリやボルトたちは、無事に鬼灯城から脱獄できるのだろうか。次回の「BORUTO」からも目が離せない。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト