「日本一連載が続いてるエッチな本かもしれない」『ふたりエッチ』が80巻の大台に到達! 1,400ページ以上が無料で読めるキャンペーンも

マンガ・アニメ

2020/3/5

『ふたりエッチ』80巻(克・亜樹/白泉社)

 全世界で累計2,600万部を突破している大ヒットコミック『ふたりエッチ』の80巻が、2020年2月28日(金)に発売された。連載開始から23年が経った長寿作品の最新刊に、「『ふたりエッチ』って80巻も刊行されてたの!?」「いまだにネタが尽きないのがすごすぎる…」「日本一連載が続いてるエッチな本かもしれない」と大きな反響が上がっている。

 同作は交際経験がないまま結婚した小野田真・優良の夫婦を中心として、“性”にまつわるエピソードが描かれていくラブストーリー。時代のトレンドを取り入れつつ様々な性知識が盛り込まれているのが大きな特徴で、これまでにアニメや実写映画も制作され好評を博してきた。

 最新刊では既婚であることを知りながら真に想いを寄せる菊池みゆきのエピソードや、50代にして経験がない“童貞紳士”のエピソードなどが描かれることに。実際に読了した人からは「新しいキャラが増えて色んな恋の形が見られるのが楽しい」「童貞紳士のインパクトがすごい!」「スピード感のある展開で話が進んでいくから退屈しない」と好評の声が続出している。

 またコミックス80巻の発売を記念して、特別編集の電子書籍『ふたりエッチ 80 Selections』もリリースされた。5月17日(日)までの期間限定で、1,400ページを超える大ボリュームの内容が無料で閲覧可能に。収録されているのは人気キャラクターの初登場回や優良の妊娠発覚回など、歴代編集者たちが選んだ80のエピソードだ。

 熱烈なファンも『ふたりエッチ』を読んだことがなかった人もキャンペーンに興味を惹かれているようで、SNSでは「ずっと『ふたりエッチ』が気になってたから太っ腹で本当にありがたい」「読みごたえがありすぎるからみんな読んでほしい。家に引きこもってるときに最適!」「無料でこのページ数は本当にやばい」と称賛の声が上がっていた。

 さらに2月28日(金)に発売された『ヤングアニマル』5号では、作者の克・亜樹と『ベルセルク』の三浦建太郎が登場する座談会を掲載。2人の初期担当編集者と共に、これまでの歴史を振り返るスペシャルトークが展開されている。

 ますます人気が高まる『ふたりエッチ』の世界から今後も目を離せない!

★80日限定無料公開!(2/28~)
「克・亜樹先生や歴代担当者が選ぶ名エピソード80話収録の電子版」はこちら