伝説のギャグ漫画『浦安鉄筋家族』の実写ドラマに「再現度が完璧すぎるwww」と爆笑の声続出!

エンタメ

公開日:2020/4/24

『あっぱれ! 浦安鉄筋家族』6巻(浜岡賢次/秋田書店)

 連載25年超えの歴史を誇る浜岡賢次の漫画『浦安鉄筋家族』が、佐藤二朗主演でドラマ化。2020年4月10日(金)から放送が始まっているのだが、早くも「再現度が完璧すぎるwww」「俳優陣の本気度がスゴい」と爆笑の声が続出している。

 同作は、『週刊少年チャンピオン』で連載中のギャグ漫画。千葉県浦安市に住むパワフルな家族・大沢木一家のドンチャン騒ぎを描いた作品だ。大沢木家の大黒柱・大鉄を佐藤が演じ、母・順子役で水野美紀も出演。本多力、岸井ゆきの、斎藤汰鷹によるにぎやかな子どもたち、坂田利夫による祖父・金鉄も巻き込んで毎週様々な騒動が繰り広げられていく。

 主演を務める佐藤は、ドラマのスタートにあたって「25年以上も連載が続く大人気漫画が原作ということで、“俺が主演でエエんかいな”というのが正直な感想です」とコメント。一方原作者の浜岡も、「問題が多くて絶対無理だよ~」「汚いドラマになったらゴメンなさい」と少し弱気な発言をしていた。

advertisement

 しかしドラマが始まってみると、原作を忠実に再現した映像やキャスト陣の手加減無用な演技が話題に。第1話では一家総出で大鉄の喫煙を止めるドタバタ劇が描かれ、大鉄が大量のタバコを丸ごと吸う衝撃的なシーンが見事に再現されている。続く第2話では、ゲストとして藤田朋子や大仁田厚、アジャコングが登場。さらに真壁刀義も本人役で出演し、視聴者からは「一家どころか脇役まで全力すぎる」「映像のチープさも妙に合っててツボ」「思ってた以上にヤバい実写版が生まれてしまった」と爆笑の声が後を絶たない。

 ドラマへのこだわりはキャストの豪華さだけでなく、撮影も舞台となる浦安でおこなうという徹底ぶり。浦安をよく知る人からは「見たことある場所がめっちゃ出てきて楽しい」「本当にこの家族が浦安にいるような気がしてきた」と歓喜の声が上がっている。

 ドラマには、今後も様々なゲストが登場する予定。波乱万丈な大沢木家の日常を心待ちにしていよう。

■ドラマ「浦安鉄筋家族」
放送時間:毎週金曜深夜0:12~
原作:浜岡賢次
監督:瑠東東一郎、吉原通克、諏訪雅、松下敏也
脚本:上田誠、諏訪雅、酒井善史
出演:佐藤二朗、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 ほか

この記事で紹介した書籍ほか