読めば勉強したくなる! 東大クイズ王・伊沢拓司率いるQuizKnockによる『勉強が楽しくなっちゃう本』

暮らし

2020/5/16

『勉強が楽しくなっちゃう本』(QuizKnock/朝日新聞出版)
『勉強が楽しくなっちゃう本』(QuizKnock/朝日新聞出版)

 勉強ってなんだかしんどいもの、と思っていませんか? それは、なんで勉強をしているのか、わからなくなっているのかも…。

 東大クイズ王としておなじみの伊沢拓司さん率いるQuizKnockによる『勉強が楽しくなっちゃう本』(朝日新聞出版)は、これまでの「勉強」へのイメージを一新させ、背中を押してくれる1冊。

 勉強は、自分以外の誰かのためにだけやらないといけないものではありません。本書では、「勉強」を徹底的にポジティブなものとして描き出し、もっと気楽で、楽しくて、「自分のためにやりたいと思えるもの」にするための考え方を基礎から提案してくれます。


 自分が好きなことを見つけられるマインドマップや、「困難分割シート」など豊富なメソッドを楽しく読みながら、勉強そのものが好きになる仕掛けが満載。マンガによるイントロダクションやQuizKnockメンバーのコラムも読みごたえがあり、勉強が好きになれそうな入門書になっています。

 日頃勉強に四苦八苦している小中高生だけでなく、大人になって学びの必要性に直面した大人にもおすすめの本書。気づけば勉強が楽しいものに変わっているはずです。

この記事で紹介した書籍ほか