現役自衛隊員がラノベ作家デビュー

マンガ・アニメ

2012/6/15

 6月16日(土)に、スマッシュ文庫から予備自衛官が贈るライトノベルが登場する。

 そもそも自衛隊員にライトノベル書いてる時間あるの?と思った方。予備自衛官とは招集がかかったときに活動する非常勤自衛官のことなので、毎日訓練訓練って感じではないようだ。

 そんな予備自衛官・篠山半太のデビュー作『君が衛生兵(ナース)で歩兵が俺で』は陸上自衛隊の高校を舞台に繰り広げられる。

 陸上自衛隊武山高校の大嶽隼人は学年一の美少女・磯鷲音矢を助けたことで「友だち以上恋人未満の関係」になる。しかし、その日常は突然壊された。何者かによって政府首脳が暗殺され、実質的に日本のリーダーとなった武山高校の校長で防衛大臣の美女(!)繭川巴。繭川は自衛隊を国軍化しようと企むが、それに反発した勢力が現れ日本は内戦状態になってしまう。2人の平穏は取り戻せるのか…?

 徹底的にリアリティのある軍事ものが書きたかったという篠山。予備自衛官ならではのディテール描写に、軍事オタクも要チェックだ!

(ダ・ヴィンチ電子ナビより)