「2012年上半期ライトノベルランキング」1位はWEB発の新人作品

アニメ・マンガ

2012/6/21

 『ダ・ヴィンチ』7月号では、2012年上半期BOOK OF THE YEAR(※)をジャンル別に発表。ライトノベル部門の1位に輝いたのは『魔法科高校の劣等生』(佐島 勤)。「物語やキャラ以上に、既存のラノベをねじ伏せるような濃密な設定が魅力です」「先が読めない展開に次が読みたくなる」などと好評を得た。ランキングは以下の通り。

 

■1位『魔法科高校の劣等生』(1~5巻)佐島勤/著 石田可奈/イラスト
■2位『ソードアート・オンライン』(1~9巻)川原礫/著 abec/イラスト 
■3位『新約とある魔術の禁書目録』(1~4巻)鎌池和馬/著 はいむらきよたか/イラスト
■4位『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(1~4巻)渡航/著 ぽんかん⑧/イラスト
■5位『フルメタル・パニック!アナザー』(1~3巻)賀東招二/原案・監修 大黒尚人/著
■6位『デート・ア・ライブ』(1~4巻)橘公司/著 つなこ/イラスト
■7位『のうりん』(1~3巻)白鳥士郎/著 切符/イラスト
■8位『バカとテストと召喚獣』(1~10巻)井上堅二/著 葉賀ユイ/イラスト
■9位『アクセル・ワールド』(1~11巻)川原礫/著 HIMA/イラスト
■10位『パパのいうことを聞きなさい!』(1~10巻)梥智洋/著 なかじまゆか/イラスト
■次点『エスケヱプ・スピヰド』(1~2巻)九岡望/著 吟/イラスト

ランキング入りした中で鉄板の人気作は、『フルメタル・パニック!アナザー』(1998~)、『とある魔術の禁書目録』(2004~)、『バカとテストと召喚獣』(07~)の3作。ただし『フルメタ』は新たな作家を迎えての新シリーズ、『禁書目録』も仕切り直しの新章で、いずれも昨年リニューアル。残りのうち半数の4作品は昨年スタートした好調シリーズで、次点に選ばれたのが今春刊行された新人賞受賞作。現時点での売り上げだけから選んだのではなく、伸び代のある作品という気持ちで選んだ結果がこのベストなのだろう。
 1位、2位はともにWEB上で発表され、人気を博した作品の書籍化。『ソードアート・オンライン』は、川原が新人賞を受賞した後に書籍化されたもの。一方の佐島は新人賞に応募するも落選、その後WEB小説を書籍化してデビュー。面白ければ何だろうと貪欲に取リ入れていくライトノベルだけに、これが新潮流となるか。

※全国の書店員にアンケートを実施。2011年10月1日~2012年4月6日に発売された書籍の中から、売れ行きもよく、内容的にも自信を持ってオススメできるという基準で、各ジャンルごとにベスト5をあげてもらった。のべ800店を超える書店から寄せられた回答をもとに集計。上位作品の中から各ジャンル別の委員会のメンバーが自らのベスト5を選出し、順位別に傾斜をつけて投票、書店員からの得票に合計してランキングを作成した。

文=三村美衣
(『ダ・ヴィンチ』7月号「2012 BOOK OF THE YEAR ライトノベルランキング」より)