多部未華子&瀬戸康史、そして大森南朋での“結婚”に期待の声「3人で暮らすしかない!」/ドラマ『私の家政夫ナギサさん』第8話

マンガ

公開日:2020/8/31

家政夫のナギサさん 1 (オヤジズム)

著:
出版社:
ソルマーレ編集部
発売日:
家政夫のナギサさん
『家政夫のナギサさん』(四ツ原フリコ/ソルマーレ編集部)

 8月25日に放送された女優・多部未華子さんが主演するドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の第8話。視聴者からは、恋愛ドラマにあるまじき、ヒロイン・お相手・お相手のライバルという“3人”でのハッピーエンドを望む声が続出しています。

 同ドラマは、四ツ原フリコさんによる漫画『家政夫のナギサさん』(ソルマーレ編集部)が原作。製薬会社の営業職(MR)として働く主人公・相原メイ(多部)は、家事が全くできない28歳バリキャリ女子。そんな姉を見かねた妹・唯(趣里)が、勝手にスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)と契約を結ぶものの、メイは「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と断固拒否。しかし、その“完璧”な仕事ぶりに感心し、次第に心を開いていって…というハートフル・オジキュンラブコメディです。

(以下はドラマのネタバレを含みます)

advertisement

 メイとナギサさんがハグをしているのを目撃した田所(瀬戸康史)は、二人が親子ではないと確信。状況を察したメイは、田所にこれまで隠し続けてきた“家事が苦手”であることを打ち明け、ナギサさんとは雇用関係であることを説明し、謝罪します。すると田所は、メイに「俺と向き合ってもらえませんか。真剣に」と改めて告白。まさかの急展開にメイは困惑するばかりですが、後々この告白をきっかけに、ナギサさんへの特別な想いにハッキリ気が付いてしまうのでした。

 そんな折、ナギサさんに本社への異動の話が舞い込み、現在受け持っている現場を離れなければならないことに。しかし、なかなかメイに言いだせず、日々だけが過ぎていきます。そして、ついに勤務最終日。意を決して「私がここに来られるのは今日で最後です」と伝えると、メイはヒドく動揺。「そんなの困ります!」「耐えられないです… ナギサさんがいない生活なんて考えられない…」とパニック状態に陥るなか、ふと思いついたように「あっ、じゃあ私たち…結婚しませんか?」と提案し、幕切れとなりました。

 実はこのエピソードで、あの“完全無欠”な田所の衝撃的な一面が発覚しました。それは、田所もメイと同じ、“片づけられない系男子”、つまり汚部屋の住人だったのです。玄関はネット通販で溜まったであろう段ボールが山積みに、洗濯機の上にはなぜか炊飯器がある始末…。あまりの散らかりに、メイは「まるで過去の自分を見ているみたい…」ともはや懐かしく感じるのですが、ここでナギサさんが登場し、ものの数時間で家中ピカピカに。メイの言う“スーパー家政夫”ぶりに、田所もただただ感心するのでした。

 今のところ、メイと田所が付き合い同棲する… なんて展開もあり得る状況ですが、もしそんなことになったら部屋は散らかり放題、食事はもっぱらカップラーメンになること必至です。視聴者からは、「家事ができないメイさんと田所で結婚してナギサさんを2人で永久指名して3人で暮らせば大団円じゃないですか」「メイと田所さんでは生活が成り立たないからやめたほうがよい… もしくはナギサさんと3人で暮らすしかないと思うぞ…」「個人的にはメイちゃんと田所くんが結婚してナギサさんには2人のお母ちゃんになってほしい」「メイと田所さんの家事能力最低だし、3人で暮らしていく方法とかないのかな」「わたしがメイなら田所さんとナギサさんと3人で楽しく住む(強欲)」などと、“3人エンド”を期待する声が多くあがっています。

 次回はついに最終回! 右肩上がりの視聴率がどれだけ跳ね上がるかにも期待したいところです。

この記事で紹介した書籍ほか

家政夫のナギサさん 1 (オヤジズム)

著:
出版社:
ソルマーレ編集部
発売日:

家政夫のナギサさん 2 (オヤジズム)

著:
出版社:
ソルマーレ編集部
発売日:

家政夫のナギサさん 3 (オヤジズム)

著:
出版社:
ソルマーレ編集部
発売日:

家政夫のナギサさん 10 (オヤジズム)

著:
出版社:
ソルマーレ編集部
発売日: