「積もりに積もった因果応報」ガブリエルの哀れな最期に視聴者震撼!?/アニメ「ソードアート・オンライン」第21話

マンガ

公開日:2020/9/11

ソードアート・オンライン
『ソードアート・オンライン』18巻(著:川原礫、イラスト:abec/KADOKAWA、アスキー・メディアワークス)

 2020年9月5日(土)に放送されたアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」。第21話ではガブリエルの哀れな最期が描かれ、ネット上に「積もりに積もった因果応報」「外道にふさわしい最期…」といった反響が相次いでいる。

 ガブリエルといえば、アメリカのPMC(民間軍事会社)であるグロ-ジェン・ディフェンス・システムズの最高作戦責任者。その本性はサイコパスのシリアルキラーで、少年時代、ガールフレンドのアリシアを殺害したという過去をもつ。

 だがついにキリトとの決戦に敗れ、アンダーワールドから強制ログアウトしたガブリエル。ふと後ろを振り返ると、視線の先にはこの世のものと思えぬ形相で死んでいる自分の姿が。

 ガブリエルがその死体を自分だと認識するや否や、「ようやくこっちに来てくれたのね」と死んだはずのアリシアが登場。「なんだそんなところにいたのか」と安心するのも束の間、ガブリエルの腕を掴んだアリシアは「これからはずっと一緒」「さっ、行きましょ」とゆっくり地へ沈んでいく。思わず「やめろーッ!!」と恐怖に駆られるも、ガブリエルの声は誰にも届くはずもなく…。そのままどこか深い場所へと引きずりこまれてしまうのだった――。

 彼だけでなく、「ここまで本気で怖がるガブリエル、初めて見たよ(震)」「最後のアリシアの表情に背筋が凍った」と視聴者をも震え上がらせた“ガブリエルの最期”。快楽を得るためだけに、人を殺し続けた彼にはふさわしいラストだったのかもしれない…。

アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」
放送時間:毎週土曜24:00~(TOKYO MX)/その他放送各局による
原作:川原礫
監督:小野学
出演:松岡禎丞、茅野愛衣、戸松遥、沢城みゆき、竹達彩奈 ほか
公式サイト:https://sao-alicization.net/

この記事で紹介した書籍ほか

ソードアート・オンライン (18) アリシゼーション・ラスティング (電撃文庫)

著:
イラスト:
出版社:
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
発売日:
ISBN:
9784048922500