『サザエさん』大金持ちの“レアキャラ”登場でどよめき「一体誰だ…」

エンタメ

公開日:2020/9/13

サザエさん 14巻

著:
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
サザエさん
『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)

 9月6日に放送されたアニメ『サザエさん』では、謎のお金持ちおじさん・湯水さんが出演。レアキャラの登場に、視聴者から反響が起こった。

 話題のエピソードは、作品No.8105「タラちゃんお宅訪問」。サザエとタラちゃんが買い物から帰宅していると、横に黒塗りの高級車が停車する。後部座席の窓が開き、少々頭が薄いスーツを着たおじさんが顔を出して「サザエさん お久しぶりです」と声をかけてきた。サザエは驚きつつも嬉しそうに「湯水さん!」と反応。この男性こそ、ネット上で話題になったレアキャラ・湯水さんだ。

 話の流れで、タラちゃんは湯水さん宅で遊ぶことになる。たくさんの高層ビルを背景に建つ湯水さん宅は、見た目も中身も豪華。長い瓦塀、枯山水、松の木が植えられた門扉に、高価そうな大皿や生け花が飾ってある広い玄関…。さらには、お手伝いさんも常駐している、そう、湯水さんの正体は“あさひが丘一のお金持ち”なのである。

 タラちゃんが遊びにきたことを知った湯水さんは、「おぉ~ タラちゃん! いらっしゃ~い!」と嬉しそうにテンションが上昇。その後、湯水さんとタラちゃんはパターゴルフで遊ぶも、湯水さんだけは一度もカップに入れることが出来ない。また、奥さんを行司に相撲を取ればタラちゃんに派手に投げ飛ばされてしまうなど、湯水さんのダメっぷりが描かれた。

 その日の夕方、タラちゃんは、運転手付きの高級車でVIP並みの扱いを受けながら帰宅。湯水さんの不器用さを知ったカツオとワカメがショックを受けていると、波平は湯水さんについて「(カップに)入れようと思えば全部入れられるさ。タラちゃんに花を持たせてくれたんだよ」と彼の持つ優しさを説明し、「湯水さんはそういうお人だ」と懐の深さを称賛するのだった。

 豪邸で暮らし、夫婦円満、周囲の人へのあたりも良く、子どもの扱いまで熟知している“イケオジ”な湯水さん。その巨額の資金源は不明だが、本名は「湯水金造」で、サザエをたまに家政婦のパートに雇うような間柄なのだとか。

 あまり登場しないレアキャラなだけに、視聴者からは終始「ずっと(湯水さんって誰だよ…)って考えながら観てた」「湯水さんって最近から出てきた? 初見な気が」「湯水さん何年ぶりに出てきた? サザエさん家政婦しとったんよね。懐かしい(笑)」「結局この湯水さんって人は誰なのかしら… タラちゃん預けられる人だから怪しい人ではないんだろうが」「金持ちで湯水のようにお金使うから湯水さんなのかな笑」などと不思議に思う声が続出している。

 ちなみに、湯水さんの愛犬の名は「クラフトフラッシュ・ローヤルウェイ・グッドダルマシヤン・モンタナ」とのこと。いろいろ規格外なキャラクターだ!

この記事で紹介した書籍ほか

サザエさん 14巻

著:
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
ISBN:
9784022588142