下腹をしぼるだけ!? 1日1分で“ぷよぷよお腹”を解消できる「下腹しぼりダイエット」

健康・美容

公開日:2020/9/21

1分でサイズダウン! 下腹しぼりダイエット トイレに行くたびやせる!
『1分でサイズダウン! 下腹しぼりダイエット トイレに行くたびやせる!』(蜷川ちひろ/KADOKAWA)

 年齢を重ねると基礎代謝が下がり、太りやすくなっていくもの。「しっかり運動しないと中年太りしてしまう……」と不安を抱きながらも、家事や仕事に忙殺されている人は多いのではないだろうか。そんな時に手に取ってもらいたいのが、日常生活の中で手軽にできるダイエット法をまとめた『1分でサイズダウン! 下腹しぼりダイエット トイレに行くたびやせる!』という書籍だ。

 そもそも加齢と共に気になってくる“ぷよぷよお腹”の原因は、血の巡りの悪さにある。そこで同書が提唱するのは1日1分、トイレに行ったついでに下腹をしぼるだけの画期的なダイエット法だ。血流を改善して体全体を活性化させる「下腹しぼり」のテクニックを始めとして、基本の指の形や動かし方、しぼる場所などを初心者でも分かりやすく解説。また基礎代謝を上げ、「下腹しぼり」の効果をアップするためのちょっとしたコツも紹介されている。

1分でサイズダウン! 下腹しぼりダイエット トイレに行くたびやせる!

 毎日1分へその芯をずらしてほぐすだけで、ウエストがゆるゆるに。しぼった直後、すぐにウエストサイズが減る即効性も期待できるという。また誰でも簡単にできて、動作にかかる時間も短いため習慣化しやすく、やせ体質を定着させたい人にはうってつけ。「下腹しぼり」によって体の不調が改善し、知らないうちに太らない体へと変わっていくのを実感できるだろう。

 著者の蜷川ちひろさんは30歳で交通事故に遭ったことをきっかけに、ヨガと即効性のあるセルフケアを習得。地元・名古屋で10年にわたってヨガ講師を務めていた。しかし教室でヨガを教えてその場では体が楽になっても、家に帰って同じようにヨガを実践する人はほとんどいなかったという。

 多くの女性は自分の体を整えるヒマがないと気付いた蜷川は、自宅で続けられる新しいダイエット術「下腹しぼりダイエット」を考案。「ダイエットのために努力したくない」という女性の願いを叶える手軽さと即効性で、開催する講座は国内外で即満席になるほど人気に。「下腹しぼり」のやり方を伝授した同書も好評を博し、発売から約1カ月で続々重版がかかっている。

 画期的なダイエット法を学んで、理想のボディラインを目指してみてはいかがだろう?

【こちらも読みたい】
▶ストレッチだけでくびれができて痩せ体質に! ウエストがみるみる細くなるダイエットとは?

この記事で紹介した書籍ほか