「アニメ史に残る名シーンが生まれた…」アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」第11話、八幡の告白が胸熱すぎる…

アニメ

公開日:2020/9/24

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』14巻(渡航/小学館)

 2020年9月17日(木)にアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」の第11話が放送。胸キュンポイント満載の同エピソードに対し、ネット上では「アニメ史に残る名シーンが生まれた…」「今回の俺ガイルで一生分ときめいたわ(笑)」などの反響が相次いでいる。

 話題の渦中にあるのは、約5分間にも及ぶ八幡の“告白シーン”。気になる告白のお相手は由比ヶ浜結衣… ではなく、やはり雪ノ下雪乃であった。最終回を前にようやく自分の“ほんとうの気持ち”と向き合った彼は、意を決して雪乃に想いを伝えることに――。

 雪乃をまっすぐ見つめながら、「お前の人生ゆがめる権利を俺にくれ」というセリフを放った八幡。さらに「人生ゆがめる以上、対価はちゃんと払うつもりだ」と続け、雪乃に関わり続ける覚悟を口にする。“人生”という言葉をくり返し強調しているところを見るに、雪乃との将来を真剣に考えているらしい。

 この“プロポーズ”ともとれる告白を受けた雪乃は、八幡に体を寄せて顔を赤らめながら返事をぽつり。その言葉は「あなたの人生を私にください」というものだった…。

 雪乃のまさかの“プロポーズ返し”に、視聴者からは「ちょっと! 雪乃もプロポーズした!?」「八幡×雪乃が愛おしすぎるよ…」など大興奮の声が続出。中には「キュンキュンしすぎて胸が苦しいwww」と“キュン死”したファンも多いようだ。

 いよいよ次の話で最終回となる同作。“まちがい続けた青春”は、一体どのように終結するのだろうか。

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」
放送時間:毎週木曜深夜1:58~(TBS)/その他放送各局による
原作:渡航
監督:及川啓
出演:江口拓也、早見沙織、東山奈央、佐倉綾音、悠木碧 ほか
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/anime/oregairu/

この記事で紹介した書籍ほか