「心の準備が全然できてなかった」向井理演じる足利義輝の“開始即退場”に視聴者びっくり!/大河ドラマ「麒麟がくる」第24話

エンタメ

公開日:2020/9/27

NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 前編
『NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 前編』(著:池端俊策、監修:NHKドラマ制作班、編集:NHK出版/NHK出版)

 2020年9月20日(日)に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」第24話。冒頭でいきなり足利義輝(向井理)が討ち入られるという予想外の展開に、視聴者から「心の準備が全然できてなかったんですけど!」「大河ドラマでこんな呆然としたの初めて」と驚きの声が巻き起こった。

 前話で三好長慶(山路和弘)の子らによる暗殺計画が浮上した義輝。計画を知る松永久秀(吉田鋼太郎)は“都から追い払うだけ”のつもりでいたが、三好派の動きを抑制することはできなかったようだ。永禄8年5月の二条御所で、義輝は三好の軍勢から襲撃を受けてしまう。

 屋敷内へと押し寄せた三好勢に対し、義輝も刀を抜いて抵抗。華麗な大立ち回りを見せ、脱出の好機を掴んだように思えた。とはいえ多勢に無勢で、庭に出たところを三方から障子で囲まれることに…。身動きの取れなくなった義輝に向かって槍が突き出され、抵抗も空しく義輝は最期の時を迎えるのだった。

 義輝が討たれた事件は、“永禄の変”と呼ばれる歴史上でも有名なクーデター。冒頭から一大事変が描かれたとあって、ネット上では「いきなりクライマックスから始まったと思ってびっくりした!」「義輝様が開始早々に退場するなんて予想できないでしょ」「展開が早すぎてロスに陥る暇もない」といった声が。またTwitterで話題の戦国キャラアカウントも、驚きを隠しきれない。

 義輝を失ったことで、歴史はどのように動いていくのか。次期将軍の采配に注目しよう。

ドラマ「麒麟がくる」
放送日:毎週日曜 20:00~
出演:長谷川博己、染谷将太、門脇麦、堺正章 ほか
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/

この記事で紹介した書籍ほか

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)

著:
監修:
編集:
出版社:
NHK出版
発売日:
ISBN:
9784149233833