「レオナ姫のSっ気がたまらない…」アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」第2話、“ツンデレ”なレオナにファン悶絶

アニメ

公開日:2020/10/17

ドラゴンクエスト ダイの大冒険
(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京(C)SQUARE ENIX CO.,LTD.

 2020年10月10日(土)に放送されたアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」第2話。パプニカ王国の姫・レオナの“あるセリフ”に対し、ネット上からは「レオナ姫のSっ気がたまらない…」といった反響が相次いでいる。

 “賢者になるための儀式”を受けるべく、ダイの住むデルムリン島へやってきたレオナとその従者たち。ダイは儀式の舞台・地の穴まで彼らを案内することになるのだが、道すがら突如として現れた“魔のサソリ”に襲われてしまう――。

 実はこの“魔のサソリ”はレオナの従者・テムジンとバロンが仕組んだもの。彼らはレオナを殺害することで、パプニカ王国の実権を掌握しようと目論んでいたのだ。

 凄まじい魔法力を発揮して、なんとかレオナを助けたダイ。テムジンとバロンも退治して事なきを得たものの、視聴者の注目はレオナが島を去る直前に放った“あるセリフ”に集まった。

 船に乗り込むレオナに向かって、ダイが告げたのは「さよなら、姫」という別れの言葉。これに対しレオナは、「姫じゃなくて、レオナって呼んでちょうだい」「今度からそんな他人行儀な呼び方をしたら口きかないわよ!」と痛烈な言葉を浴びせた。

 このやりとりを見た視聴者からは、「ツンデレなレオナが可愛すぎる」「自分も呼び捨てにしていいですか…!」など大興奮の声が続出。中には、「これは恋が芽生えるフラグか!?」と今後の2人に期待する声も上がった。

 今回の一件で急接近したようにも見えるダイとレオナ。果たしてこの2人が恋仲になることはあるのだろうか…?

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」
放送時間:毎週土曜9:30~(テレビ東京系)/その他放送各局による
原作・漫画・監修:三条陸、稲田浩司、堀井雄二
出演:種﨑敦美、豊永利行、小松未可子、早見沙織 ほか
公式サイト:https://dq-dai.com/

この記事で紹介した書籍ほか

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 新装彩録版 1 (愛蔵版コミックス)

著:
原著:
監修:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784087925609