「久々の登場でも相変わらずブレない帰蝶様」川口春奈のスケールが壮大すぎる“助言”に視聴者大盛り上がり/大河ドラマ「麒麟がくる」第30話

エンタメ

公開日:2020/11/8

NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 前編
『NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 前編』(著:池端俊策、監修:NHKドラマ制作班、編集:NHK出版/NHK出版)

 2020年11月1日(日)に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」第30話。帰蝶(川口春奈)が明かした織田信長(染谷将太)への助言に、視聴者から「とんでもないことサラッと言ってる!」「久々の登場でも相変わらずブレない帰蝶様」と大きな反響が巻き起こった。

 信長に呼び出され、美濃の岐阜城へと向かった明智光秀(長谷川博己)。城内には三淵藤英(谷原章介)や松永久秀(吉田鋼太郎)の姿もあり、信長が越前の朝倉勢討伐を目論んでいると知らされた光秀は戸惑いを隠せない。

 信長との対面を前に、光秀は信長の正室・帰蝶と9年ぶりに再会。「長らくご無沙汰をいたしておりました」と頭を下げた光秀に対し、帰蝶は信長から時おり様子を聞いていたと明かす。

 そんな光秀から朝倉との戦をどう思っているのか尋ねられ、「我が兄の子・斎藤龍興は朝倉をそそのかし、この美濃を取り返そうと企んでおる」と説明した帰蝶。京が穏やかになっても美濃に火がつけば元も子もなくなるため、彼女は信長に「朝倉をお討ちなされ」と伝えたのだという──。

 帰蝶は以前から信長の助言者として描かれてきたこともあり、ネット上では「さすが帰蝶様は助言のスケールがデカいwww」「勢力拡大中の信長に堂々と物申せる帰蝶様すごいな」といった声が。またTwitterで話題の戦国武将アカウントも、以下のように反応している。

 開戦迫る信長と朝倉勢の戦いは、果たしてどのような結末を迎えるのだろうか…。

ドラマ「麒麟がくる」
放送日:毎週日曜 20:00~
出演:長谷川博己、染谷将太、門脇麦、堺正章 ほか
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/

この記事で紹介した書籍ほか

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)

著:
監修:
編集:
出版社:
NHK出版
発売日:
ISBN:
9784149233833