読書家・藤井フミヤの隠し玉的な一冊とは?

芸能

2012/7/6

 「この本を手にした時、昔、上海の骨董屋に行ったことを思い出しました。その時は玉器(硬玉や軟玉からつくられた半宝石)にどれほどの価値があるのか分からず、綺麗だと思うものを見ていただけでしたが、小説を読みながら、かつて中国には金よりも高価なものがあったんだということを知りました」  藤井フミヤさんがおすすめする『乾隆帝... 続きを読む