「もはやボルトの王子様じゃないか!」ミツキの身を挺した行動が尊すぎる/アニメ「BORUTO」第175話

アニメ

公開日:2020/11/28

BORUTO
『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』12巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2020年11月22日(日)に放送されたアニメ「BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第175話。ディーパ戦で見せたミツキの“ある言動”に対し、読者から「ミツキのボルト愛に泣く」「もはやボルトの王子様じゃないか!」といった反響が相次いでいる。

 ディーパといえば、謎の組織「殻」の中枢メンバーの1人。かつてボルトたちが一戦を交えるも、惨敗に終わった相手である。同話では、そんな因縁の相手と再戦する展開に。療養中であったミツキも途中で参戦し、3人はそれぞれの持てる力をディーパへとぶつけた。

advertisement

 今回注目を集めたのは、ボルトVSディーパによるクライマックスシーン。「この腕1本くらい、なくなっても構わねぇ…!」とボルトが確固たる意志で新しい螺旋丸を放つのだが、その際にミツキが「ボルトは僕が守る」とサポートに入る。

 さらにそこへサラダの援護も加わり、最終的に軍配はボルトたちの手に。ネット上では「3人で力合わせてディーパ倒すとか神展開」「第七班かっこ良すぎ!」といったコメントが殺到するとともに、ミツキの身を挺した行動に「『ボルトは僕が守る』がもう尊い」「ミツキのカッコ良さが限界突破してる」「ミツキ、お前って奴は…」など称賛の声が続出した。

 ちなみに戦いの後、ミツキは片腕を欠損。ボルトが「ミツキすまねぇ… 俺のせいで」と謝るものの、当の本人は「このぐらいならすぐ治るよ」と笑みを浮かべていた。

 自分の腕よりも仲間の腕の方が大切。彼の“ボルト愛”は海より深し…。

アニメ「BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/

この記事で紹介した書籍ほか

BORUTO―ボルト― 12 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088824123