小野不由美新刊ラッシュ!コミック版『屍鬼』コンビニに登場!

文芸・カルチャー

2012/7/19

 7月20日(金)に2冊同時刊行となる、小野不由美の9年ぶりの新刊『鬼談百景』(メディアファクトリー)と『残穢』(新潮社)。その発売と同時に、代表作『屍鬼』(集英社)のコミカライズ版が、装いを新たにしてコンビニに登場する。

今回発売されるのは、漫画家・藤崎竜によってコミカライズされ、ジャンプコミックから刊行されている(全11巻)ものを、コンビニ専用のレーベルである集英社ジャンプリミックス(全5巻)として再編集、7月20日(金)より順次刊行される。

1000ページを超えるボリュームで刊行された小説『屍鬼』は、閉鎖された村を舞台に、人ならざる者“屍鬼”との攻防を描いた長編ホラー。コミカライズ版は原作にはないオリジナルの要素がふんだんに盛り込まれ、すでに原作を読んでいる方にもおすすめの作品となっている。

ホラー作品以外にも、大人気シリーズ『十二国記』の再始動も発表されるなど、小野不由美ファンには目が離せない夏になりそうだ。

集英社ジャンプリミックス版『屍鬼』(全5巻)の刊行予定は以下のとおり。

第1巻 外場村を包囲する死 7月20日(金)発売
第2巻 奪われゆく平穏 8月3日(金)発売
第3巻 真実を問う者 8月17日(金)発売
第4巻 惨劇の祭り 8月31日(金)発売
第5巻 瓦解する人間達 9月14日(金)発売

⇒ジャンプリミックス公式サイト(集英社)

●関連記事
小野不由美、9年ぶりの新刊『鬼談百景』がいよいよ発売!
小野不由美 9年ぶりの新刊、メディアファクトリーと新潮社から2冊同時発売決定!!
『十二国記』待望の再始動。新作含む全作品を7月から文庫版で順次刊行