「喧嘩売っただと!?」ベニマルの“衝撃発言”に視聴者爆笑/アニメ『転生したらスライムだった件』第26話

アニメ

公開日:2021/1/25

転生したらスライムだった件
(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

 2021年1月19日(火)に放送されたアニメ『転生したらスライムだった件』第26話。鬼人族・ベニマルによる“衝撃告白”が注目を集め、ファンからは「何て言った!?」「ベニマル怖いもの知らずすぎるwww」といった爆笑の声が相次いでいる。

 魔王カリオンの治める「獣王国ユーラザニア」と国交を結ぶべく、ユーラザニアへ使節団を派遣していたリムル。同話では団長・ベニマルらが無事に帰国し、楽しげな視察報告が行われた。

advertisement

 中でも注目を集めたのは、報告を終えた直後のシーン。廊下でリムルを呼び止めたベニマルは突然、「次回からはリグル殿を使節団の団長に指名してやってくださいませんか」と切り出す。彼いわく、「魔王カリオンは信用できる人物」であるため、自身は国の守りとしてテンペストに残る方が得策ということらしい。

 この発案に対しリムルは、「お前がそこまで信用するなんて、カリオンは力だけの王じゃないってことだな」と感心した様子。いっぽうベニマルは「そうですね」と答えつつ、「じつは喧嘩を売ってみたのですが、笑っていなされましたし」と衝撃的な告白をしていた――。

 国交を結ぶために派遣されたはずが、相手国の王に喧嘩を売ったというベニマル。ネット上からは「喧嘩売っただと!?」「よく無事に帰国できたなwww」などの反響が続出している。

 ちなみにリムルはベニマルを見つめながら、「こいつはやっぱり外に出してはいけない男だった」と呆れ顔。ユーラザニアとの国交樹立には成功したが、彼の悩みはまだまだ尽きないようだ。

アニメ『転生したらスライムだった件』
放送時間:毎週火曜23:00~(TOKYO MX)/その他放送各局による
原作:川上泰樹、伏瀬、みっつばー
監督:中山敦史
出演:岡咲美保、豊口めぐみ、前野智昭、古川慎ほか
公式サイト:https://www.ten-sura.com/anime/tensura

この記事で紹介した書籍ほか

転生したらスライムだった件(16) (シリウスKC)

著:
原著:
出版社:
講談社
発売日:
ISBN:
9784065212448