綿矢りさ、最新作はライトノベル!?

文芸・カルチャー

2012/7/21

 綿矢りさの新作はなんとライトノベル!? 『群像』8月号(講談社)に掲載された短編小説『人生ゲーム』は、小学6年生の男の子3人が中古で人生ゲームを買ってきたことから始まる。 人生ゲームで遊ぶ彼らの部屋に入ってきた兄の友達は、突然「お前らが本物の人生で大変になる場面に、マークつけてやる」と言って、3つのマス目に黒ペンで... 続きを読む